このページの先頭です

指針値(NMHC)

最終更新日 2018年8月20日

非メタン炭化水素(NMHC)には、環境基準はありませんが、朝の6時~9時の3時間平均値についての指針値があります。

非メタン炭化水素は、窒素酸化物(NOx)とともに光化学スモッグの原因となる光化学オキシダント(OX)を生成する物質とされています。
このため、非メタン炭化水素自体には環境基準は設定されませんでしたが、日中の光化学スモッグの発生を防止するため、朝の非メタン炭化水素の濃度についての指針値が設定されました。
中央公害対策審議会の答申によると、光化学オキシダントの日最高1時間値(昼間の1時間値の最高値)が 0.06ppm(光化学オキシダントの環境基準値)に対応する午前6時から9時までの非メタン炭化水素の3時間平均値(7時~9時の3個の1時間値の算術平均値)は、0.20ppmC から 0.31ppmC の範囲にあります。

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:309-261-469

先頭に戻る