このページの先頭です

環境基準(NO2)

最終更新日 2018年8月20日

1 環境基準

二酸化窒素には、日平均値について、環境庁告示により次に示す環境基準が設定されています。

・1時間値の1日平均値が、0.04ppm から 0.06ppm までのゾーン内又はそれ以下であること。

二酸化窒素の濃度の単位として用いられている ppm は、百万分の1の比率(割合)を意味し、一般に大気中に含まれる気体の濃度を表す単位として用いられます。
1ppmは、1m3 の大気中に1cm3 の気体が含まれている状態です。

2 環境基準の評価

環境基準が設定されている大気汚染物質については、ある測定地点における測定結果が環境基準に適合したかどうかを評価(判定)する際は、1年分の測定値を対象として評価します。これを「環境基準の評価」といいます。
二酸化窒素の場合は、1年間に測定されたすべての日平均値を対象に98%値評価という評価方法に基づいて、環境基準の評価を行います。
具体的には、1年分の日平均値から算出された日平均値の年間98%値が、環境基準値の上限である 0.06ppm 以下である場合に、「98%値評価による環境基準に適合した」と評価されます。
また、別の見方をすると、環境基準の適合/不適合は、1年間で日平均値の環境基準値を超えた日数が何日あるかで決まります。
通常の場合(有効測定日数が326日以上のとき)、上記の適合条件は、1年間で日平均値が 0.06ppm を超えた日が7日以内ならば、環境基準に適合したと言い換えることができます。

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:881-519-972

先頭に戻る