このページの先頭です

昼間測定時間(OX)

最終更新日 2019年3月12日

「昼間測定時間」とは、光化学オキシダント(OX)についてのみ算出される統計値(サンプル数)であり、二酸化窒素(NO2)など他の物質における測定時間に相当するものです。
昼間測定時間は、ある期間(1か月、1年間など)において「昼間」(5時00分~20時00分)の時間帯に測定された欠測を除く1時間値の個数です。

OXの昼間の時間帯の定義

昼間の大気汚染である光化学スモッグが発生しているかどうかの指標物質とされている光化学オキシダント(OX)については、二酸化窒素など他の大気汚染物質とは異なり、太陽の出ていない夜間の測定値を除外した昼間の15個の1時間値(1時間値としては6時~20時)を評価対象とします。

平年の1年間で欠測がない場合、測定時間は次表に示すように、全日(1時~24時)を評価対象とする他の汚染物質は、8760時間(24時間×365日)ですが、光化学オキシダントの場合は、5475時間(15時間×365日)となります。

評価時間数
汚染物質評価対象の時間帯年間の測定時間
  平年閏年
光化学オキシダント以外全日1時~24時8760時間8784時間
光化学オキシダント昼間6時~20時5475時間5490時間

このように、光化学オキシダントと他の汚染物質とでは測定時間が異なり、最大でも 5490時間しかないため、年間6000時間以上で有効という測定時間についての条件は、光化学オキシダントには適用されません。

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:131-266-457

先頭に戻る