このページの先頭です

日最高8時間値の年間99%タイル値

最終更新日 2018年8月20日

1 日最高8時間値の年間99%タイル値とは...

「日最高8時間値の年間99%タイル値」(以下「99%タイル値」と呼びます。)とは、 光化学オキシダント(OX)の濃度を経年的に評価するために、2014年に環境省が発表した「光化学オキシダントの環境改善効果を適切に示すための指標」(以下「新指標」と呼びます。)を算出する際に使われる年間統計値であり、一年間のうちで光化学オキシダントの濃度が高かった日に着目して、高濃度がどの程度であったかを示す尺度の一つです。

99%タイル値は、1年間の全ての時間について、8時間の移動平均値(以下「8時間値」と呼びます。)を計算し、一日ごとにその最高値(以下「日最高8時間値」と呼びます。)を算出し、一年間で得られた日最高8時間値を、値の低い方から高い方に順に並べたとき、低い方(最低値)から数えて99%目の日数に該当する日最高8時間値です。
例えば、365個の日最高8時間値がある場合は、99%値は、低い方から数えて99%目に該当する第361番目の日最高8時間値です。
逆に、高い方(最高値)から数えると、最高値から数えて1%分の日数である4番目までを除いた第5番目の日最高8時間値です。

2 99%タイル値の用途

光化学オキシダントの新指標を算出する際に使用されます。
ある年度における光化学オキシダントの新指標は、当該年度を含めた過去3年分の99%タイル値の算術平均値(移動平均値)です。

新指標 = INT(99%タイル値(2年前) + 99%タイル値(1年前) + 99%タイル値(当該年))/3 + 0.5)

※ INTは小数点以下を切り捨てて整数化する関数

新指標は、3年分の99%タイル値が全て有効である場合に算出され、それ以外は欠測となります。

3 99%タイル値の算出

光化学オキシダントの99%タイル値は、累積頻度分布上の99%タイル値であるため、 二酸化窒素(NO2)の環境基準の評価で用いられる 日平均値の年間98%値と似ており、下記(3)では同じような手法を用いています。
99%タイル値は、次の3段階を経て算出されます。

(1) まず、毎日の24時間について8時間の移動平均値(8時間値)を算出
(2) 次いで、一日ごとに24個の8時間値の中の最高値(日最高8時間値)を算出
(3) 最後に、一年間で得られたすべての日最高8時間値を数値の低い方から高い方に(昇順)に並べたとき、低い方から数えて99%目の日数に該当する日最高8時間値が、99%タイル値です。

4 99%タイル値の具体的な算出手順

(1) 8時間値

  1. 4月1日1時から翌年の3月31日24時までの全時間について、8時間値の移動平均値(8時間値)を算出します。
  2. 光化学オキシダントで算出する8時間値は、一日の時間帯を3つに固定して算出する一酸化炭素(CO)の8時間値とは異なり、1時間ごとに算出する移動平均値であり、一日につき24個存在します。
  3. 8時間値は、対象となる8個の1時間値のうちで、有効な測定値が6時間以上ある場合に算出され、6時間未満の場合(3時間以上が欠測)は欠測となります。
    この有効測定の判定条件は、一酸化炭素の8時間値の場合と同じです。

(2) 日最高8時間値

  1. 4月1日から翌年の3月31日までの毎日について、8時間値の最高値(日最高8時間値)を算出します。
  2. 日最高8時間値は、一日の24個の8時間値のうちで、有効なものが20時間以上ある場合に算出され、20時間未満の場合(5時間以上が欠測)は欠測となります。
    この有効測定の判定条件は、二酸化窒素等の日平均値の場合と同じです。

(3) 日最高8時間値の年間99%タイル値

  • 1.4月1日から翌年3月31日までの一年間で有効となった日最高8時間値の測定値の数(有効日数)を算出します。
  • 2.年間の有効日数の99%に該当する日数を算出します。
    99%タイル値を算出するにあたっては、値の低い方(最低値)から99%目に該当する日最高8時間値が、最低値から数えて第何番目の日となるかを計算する必要がありますが、計算された日数は一般的には小数点以下2位までの数値となるので、次式に示すように計算された日数の小数点以下を四捨五入し、整数として算出します。
    99%日数 = INT(0.99 × 有効日数 + 0.5)
    たとえば、平年で有効日数が361日の場合(欠測日が4日)は、361 × 0.99 = 357.39日 となるので、低い方(最低値)から数えて第357番目(高い方からは第5番目)の日最高8時間値が99%タイル値に該当します。
    (注) この「99%日数」は、上記の計算式のとおり年間の有効日数によって異なりますが、有効測定日数が351日以上ある場合は、最高値から数えて第5番目に高い日最高8時間値が99%タイル値となります。
  • 3.すべての日最高8時間値を数値の低い方から高い方に昇順に並べます。
  • 4.低い方から数えて99%目の日数に該当する日最高8時間値が、99%タイル値です。
  • 5.99%タイル値は、一年間で得られた日最高8時間値が250日以上ある場合に有効となり、250日未満の場合は欠測となります。
    この有効測定の判定条件は、微小粒子状物質(PM2.5)の98%タイル値の場合と同じです。

日付の順に格納されている日最高8時間値の配列Xを、昇順ソートして、測定値の低い方から順に並べ替えた配列Yを作り、99%タイル値を算出する考え方を下の図に示します。(有効測定=365日の場合)

昇順ソートで99%タイル値を算出する考え方を図示

99%タイル値の計算方法を図示

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:288-546-056

先頭に戻る