このページの先頭です

1時間値

最終更新日 2019年3月12日

1 1時間値とは...

「1時間値」とは、正時(00分)から次の正時までの1時間の間に得られた測定値であり、一般には後の時刻を測定値の時刻として採用します。
たとえば、一般に6時の1時間値とは、5時00分から6時00分までの1時間に測定された測定値を表します。
ただし、この時間帯と異なる時間区分を採用している場合もあります。
また、時刻の表示は、午前・午後の混同をなくすため、1時~24時の24時間表示を用います。

2 1時間値の用途

大気汚染物質の 環境基準の中には、二酸化硫黄(SO2)などのように、1時間の平均濃度(1時間値)の基準が定められているものがあります。
また、二酸化窒素(NO2)などのように、1日(1~24時の24時間)の平均濃度( 日平均値)やあるいは一酸化炭素(CO)のように8時間の平均濃度( 8時間平均値)の基準が定められているものもありますが、日平均値や8時間平均値は、1時間値の算術平均値として算出されます。
さらに、光化学スモッグなどの 緊急時における 注意報等の発令基準も1時間値で定められています。
このため、大気汚染の 常時監視においては、大気汚染物質の濃度を自動測定機を用いて連続測定し、1時間ごとに1時間値を算出することが必要となります。

3 1時間値と他の統計値との関係

1時間値以外の統計値である 6時~9時の3時間平均値、8時間平均値、日平均値、 月平均値年平均値などの平均値は、1時間値の算術平均値として1時間値から直接算出されます。
また、日平均値に関する年間統計値である 2%除外値98%値は、1時間値から算出された1年分の日平均値の累積頻度分布をもとに算出されます。
このように1時間値は、常時監視において最も基礎的な測定値です。

ただし、 微小粒子状物質(PM2.5)については、他の物質とは異なり、月平均値及び年平均値は、1時間値の平均値ではなく、日平均値の平均値であることに注意が必要です。

1時間値と主な統計値との関係は次のとおりです。

1時間値と統計値
 1時間値から算出する統計値日平均値から算出する統計値
時間
スケール
1日日平均値
8時間平均値(CO)
6~9時の3時間平均値(NMHC, CH4, THC)
1か月月平均値(PM2.5以外)
昼間の月平均値(OX)
昼間の日最高1時間値の月平均値(OX)
6~9時における月平均値(NMHC, CH4, THC)
月平均値NO2/(NO+NO2) (NOx)
月平均値(PM2.5)
1年間年平均値(PM2.5以外)
昼間の年平均値(OX)
昼間の日最高1時間値の年平均値(OX)
6~9時における年平均値(NMHC, CH4, THC)
年平均値NO2/(NO+NO2) (NOx)
年平均値(PM2.5)
2%除外値(SO2, SPM, SP, CO)
日平均値の年間98%値(NO, NO2, NOx, PM2.5)

4 年間測定結果が有効となる条件

測定機の保守や故障等による欠測がない場合、1年間で、8760個(24時間×365日)あるいは8784個(閏年)の1時間値が得られます。
欠測を除いて1年間に得られた1時間値の個数( 測定時間)が 6000時間未満の場合は、年間測定結果としての信頼性に欠けるため、測定結果は参考値として扱い、環境基準の適合・不適合等の評価対象としません。
ただし、この規定は、 昼間を対象とする光化学オキシダント及び1時間値が参考値の微小粒子状物質には適用されません。

5 1時間値の環境基準

次の3物質については、環境庁告示で1時間値の 環境基準が決められています。

1時間値の環境基準
大気汚染物質1時間値の環境基準
二酸化硫黄(SO2)0.1ppm 以下
浮遊粒子状物質(SPM)0.20mg/m3 以下
光化学オキシダント(OX)0.06ppm 以下

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:811-667-238

先頭に戻る