このページの先頭です

ホルムアルデヒド(HCHO)

最終更新日 2018年8月21日

「ホルムアルデヒド」(HCH0)は、「メチルアルデヒド」あるいは「メタナール」などとも呼ばれ、アルデヒド基(CHO)をもつ有機化合物(アルデヒド)の中では最も簡単なもの(炭素数=1)で、引火性が強く、水に溶けやすい刺激臭のある無色の気体です。

ホルムアルデヒドは、合成樹脂、農薬、写真用薬品、脱臭剤、室内・家具・衣類などの消毒剤、防かび剤、殺菌剤、殺虫剤などの原料として用いられています。
ホルムアルデヒドを水に溶かして37%水溶液としたものが「ホルマリン」で、合成樹脂や接着剤の原料、防腐剤、殺菌剤などとして用いられています。
ホルムアルデヒドは、有機物の不完全燃焼によって生成するほか、光化学反応により大気中の炭化水素(HC)からも生成され、「光化学スモッグ」の指標である「光化学オキシダント」の成分の一つとなります。

ホルムアルデヒドには、環境基準は設定されていませんが、目、鼻、気管を強く刺激し、「有害大気汚染物質」に該当する可能性のある248物質の一つに選定されています。
そして、248物質の中でも健康リスクがある程度高いと考えられる23の「優先取組物質」の一つに指定されています。

作業環境については、労働安全衛生法施行令により、特定化学物質(第三類物質)に指定されています。

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:183-208-665

先頭に戻る