このページの先頭です

炭化水素(HC)

最終更新日 2018年8月20日

「炭化水素」(HC = Hydrocarbons )とは、炭素(C)と水素(H)とからなる化合物の総称です。
炭素と水素の組み合わせにより多数の種類がありますが、身近な例としては、家庭で用いられる都市ガス( メタン = CH4が主成分)やプロパンガス(プロパン = C3H8)があります。また、自動車のガソリンや軽油、石油ストーブの灯油などの石油は、多数の炭化水素の混合物です。

炭化水素を骨格とし、酸素(O)や窒素(N)などを含む有機化合物を総称して「炭化水素系物質」と呼び、アルコール、アルデヒド、エステルなどがあり、窒素酸化物(NOx)とともに 光化学スモッグを発生させる原因物質とされています。
大気の常時監視においては、炭化水素が光化学スモッグの原因物質の一つであることから、光化学反応性が無視できるメタンと、メタン以外の「 非メタン炭化水素」(NMHC)に分離して測定されています。

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:314-928-809

先頭に戻る