このページの先頭です

クロロホルム(CHCl3)

最終更新日 2018年8月20日

「クロロホルム」(CHCl3)は、「トリクロロメタン」とも呼ばれ、メタンを構成する4個の水素原子(H)のうちの3個を、塩素原子(Cl)で置換した有機塩素化合物の一種で、特有のエーテル臭を有する揮発性の無色透明の液体です。

クロロホルムには、強い麻酔作用があるので、かつては麻酔剤として使われていましたが、肝臓や腎臓への健康影響があるため、現在では使用されておらず、フロン類の原料、弗素樹脂の原料、殺虫剤の原料、溶剤、抽出剤などとして用いられいます。

クロロホルムは、中央環境審議会の答申により、「有害大気汚染物質」に該当する可能性のある248物質の一つに選定されています。
そして、248物質の中でも健康リスクがある程度高いと考えられる23の「優先取組物質」の一つに指定されています。
環境基準は設定されていませんが、中央環境審議会答申により指針値(18μg/m3 以下)が設定されました。

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:517-212-172

先頭に戻る