このページの先頭です

昼間(OX)

最終更新日 2018年8月20日

光化学スモッグ」が発生しているかどうかを示す指標物質とされている「光化学オキシダント」(OX)は、大気中に放出された窒素酸化物(NOx)と炭化水素(HC)が、太陽からの紫外線を受けて光化学反応を起こして変質した結果、二次的に生成されるものです。
このため、光化学スモッグは太陽がでている日中(昼間)に発生します。
このことから、光化学オキシダントの測定値を集計・評価する際は、二酸化窒素(NO2)など他の大気汚染物質が、一日の24時間すべての1時間値を用いるのとは異なり、太陽の出ていない夜間の測定値を除外して、昼間の1時間値のみを評価対象とします。

「昼間」とは、季節によらず、5時00分から20時00分までの15時間の時間帯をいいます。
したがって、6時から20時までの15個の1時間値が評価対象となります。

なお、昼間の時間帯は光化学オキシダントについてのみ適用され、他の物質は全日(24時間すべて)を評価対象とします。

OXの昼間の時間帯の定義

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:601-340-172

先頭に戻る