このページの先頭です

健康項目

最終更新日 2019年3月12日

公共用水域の水質の環境基準は、「健康項目」と「生活環境項目」とに2つに分類されます。
「健康項目」とは、人の健康に被害を生じるおそれのある重金属(カドミウム、水銀等)や有機塩素系化合物(PCBト、リクロロエチレン等)などを対象にして、水質の環境基準が設定されている27項目の汚染物質です。

健康項目の名前は、環境基本法第16条の「………人の健康を保護し、及び生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準」に由来しています。
健康項目の環境基準は、健康被害を生じるおそれのある物質であるという点から、生活環境項目とは異なり、全国すべての公共用水域について一律に適用されます。

健康項目の環境基準は次のように増えてきました。

環境基準
(1)1970年(昭和45年)カドミウム等の8項目に環境基準が設定される
(2)1993年(平成5年)ジクロロメタン等の15項目が追加
(3)1999年(平成11年)硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素、ふっ素、ほう素の3項目が追加
(4)2009年(平成21年)1,4-ジオキサンが追加

現在の健康項目の27項目は次のとおりです。

  1. カドミウム
  2. シアン
  3. 六価クロム
  4. 砒素
  5. 総水銀
  6. アルキル水銀
  7. ポリ塩化ビフェニル(PCB)
  8. ジクロロメタン
  9. 四塩化炭素
  10. 1,2-ジクロロエタン
  11. 1,1-ジクロロエチレン
  12. 1,2-ジクロロエチレン
  13. 1,1,1-トリクロロエタン
  14. 1,1,2-トリクロロエタン
  15. トリクロロエチレン
  16. テトラクロロエチレン
  17. 1,3-ジクロロプロペン
  18. チラウム
  19. シマジン
  20. チオベンカルブ
  21. ベンゼン
  22. セレン
  23. 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素
  24. 弗素
  25. 硼素
  26. 1,4-ジオキサン

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:239-548-986

先頭に戻る