このページの先頭です

水質汚濁に関する環境基準(抜粋)

最終更新日 2019年3月12日

このページでは、環境基本法に基づき、河川、海域及び地下水の水質汚濁に関する環境基準を定めた環境庁告示について述べています。

平成11年2月22日 環境庁告示第14号
改正 平成23年10月27日 環境省告示第94号

基準値
項目基準値測定方法
カドミウム0.003mg/l 以下日本工業規格K0102(以下「規格」という。)55.2、55.3又は55.4に定める方法(準備操作は規格55に定める方法によるほか、付表8に掲げる方法によることができる。)
全シアン検出されないこと規格K0102の38.1.2及び38.2に定める方法又は規格K0102の38.1.2及び38.3に定める方法
0.01mg/l 以下規格K0102の54に定める方法
六価クロム0.05mg/l 以下規格K0102の65.2に定める方法
砒素0.01mg/l 以下規格K0102の61.2又は61.3に定める方法
総水銀0.0005mg/l 以下昭和46年12月環境庁告示第59号(水質汚濁に係る環境基準について)( 以下「公共用水域告示」という。)付表1に掲げる方法
アルキル水銀検出されないこと公共用水域告示付表2に掲げる方法
PCB検出されないこと公共用水域告示付表3に掲げる方法
ジクロロメタン0.02mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2又は5.3.2に定める方法
10四塩化炭素0.002mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2、5.3.1、5.4.1又は5.5に定める方法
111,2-ジクロロエタン0.004mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2、5.3.1又は5.3.2に定める方法
121,1-ジクロロエチレン0.1mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2又は5.3.2に定める方法
13シス-1,2-ジクロロエチレン0.04mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2又は5.3.2に定める方法
141,1,1,-トリクロロエタン1mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2、5.3.1、5.4.1又は5.5に定める方法
151,1,2,-トリクロロエタン0.006mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2、5.3.1、5.4.1又は5.5に定める方法
16トリクロロエチレン0.03mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2、5.3.1、5.4.1又は5.5に定める方法
17テトラクロロエチレン0.01mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2、5.3.1、5.4.1又は5.5に定める方法
181,3-ジクロロプロペン0.002mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2又は5.3.1に定める方法
19チウラム0.006mg/l 以下公共用水域告示付表4に掲げる方法
20シマジン0.003mg/l 以下公共用水域告示付表5の第1又は第2に掲げる方法
21チオベンカルブ0.02mg/l 以下公共用水域告示付表5の第1又は第2に掲げる方法
22ベンゼン0.01mg/l 以下規格K0125の5.1、5.2又は5.3.2に定める方法
23セレン0.01mg/l 以下規格K0102の67.2又は67.3に定める方法
24硝酸性窒素及び
亜硝酸性窒素
10mg/l 以下硝酸性窒素にあっては、規格K0102の43.2.1、43.2.3又は43.2.5に定める方法、亜硝酸性窒素にあっては、規格K0102の43.1に定める方法
25ふっ素0.8mg/l 以下規格K0102の34.1に定める方法又は公共用水域告示付表6に掲げる方法
26ほう素1mg/l 以下規格K0102の47.1若しくは47.3に定める方法又は公共用水域告示付表7に掲げる方法
271,4-ジオキサン0.05mg/l 以下告示付表7に掲げる方法

※ 平成11年2月の改訂で、No.24~26の3項目が追加されました。
※ 平成21年2月の改訂で、No.27が追加されました。

【備考】

1 基準値は年間平均値とする。
ただし、全シアンに係る基準値については、最高値とする。
2 「検出されないこと」とは、測定方法の欄に掲げる方法により測定した場合において、その結果が当該方法の定量限界を下回ることをいう。
3 海域については、「ふっ素」及び「ほう素」の基準値は適用しない。
4 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素の濃度は、規格K0102の43.2.1、43.2.3又は43.2.5により測定された硝酸性イオンの濃度に換算係数 0.2259 を乗じたものと、規格K0102の43.1により測定された亜硝酸性イオンの濃度に換算係数 0.3045 を乗じたものの和とする。

指針値
項目指針値
クロロホルム0.06mg/l 以下
トランス-1,2-ジクロロエチレン0.04mg/l 以下
1,2-ジクロロプロペン0.06mg/l 以下
p-ジクロロベンゼン0.3mg/l 以下
イソキサチオン0.008mg/l 以下
ダイアジノン0.005mg/l 以下
フェニトロチオン(MEP)0.003mg/l 以下
イソプロチオラン0.04mg/l 以下
オキシン銅(有機銅)0.04mg/l 以下
10クロロタロニル(TPN)0.05mg/l 以下
11プロピザミド0.008mg/l 以下
12EPN0.006mg/l 以下
13ジクロルボス(DDVP)0.008mg/l 以下
14フェノブカルブ(BPMC)0.03mg/l 以下
15イプロベンホス(IBP)0.008mg/l 以下
16クロルニトロフェン(CNP)
17トルエン0.6mg/l 以下
18キシレン0.4mg/l 以下
19フタル酸ジエチルヘキシル0.06mg/l 以下
20ニッケル
21モリブデン0.07mg/l 以下
22アンチモン
(1) 河川


類型
利用目的の適応性基準値
水素イオン
濃度
(pH)
生物化学的
酸素要求量
(BOD)
浮遊物質量
(SS)
溶存酸素量
(DO)
大腸菌群数
AA水道1級
自然環境保全
及びA以下の欄
に掲げるもの
6.5 以上
8.5 以下
1mg/l 以下25mg/l 以下7.5mg/l 以上50MPN/
100ml 以下
水道2級
水産1級
水浴
及びB以下の欄
に掲げるもの
6.5 以上
8.5 以下
2mg/l 以下25mg/l 以下7.5mg/l 以上1,000MPN/
100ml 以下
水道3級
水産2級
及びC以下の欄
に掲げるもの
6.5 以上
8.5 以下
3mg/l 以下25mg/l 以下5mg/l 以上5,000MPN/
100ml 以下
水産3級
工業用水1級
及びD以下の欄
に掲げるもの
6.5 以上
8.5 以下
5mg/l 以下50mg/l 以下5mg/l 以上
工業用水2級
農業用水
及びEの欄に掲
げるもの
6.0 以上
8.5 以下
8mg/l 以下100mg/l 以下2mg/l 以上
工業用水3級
環境保全
6.0 以上
8.5 以下
10mg/l 以下ごみ等の浮遊が
認められないこと。
2mg/l 以上
【備考】
1 基準値は日間平均値とする(湖沼、海域もこれに準ずる。)。
2 市内の河川は、鶴見川の鳥山川合流点より上流の区間及び境川全域がD類型で、他の河川はE類型。
3 達成期間 : 施策の推進とあいまちつつ、可及的速やかにその達成維持を図るものとする。
4 大腸菌群数に係る基準値については、当分の間適用しない。(平成12年10月31日 神奈川県告示第702号
(注)

水道3級 : 前処理等を伴う高度の浄水操作を行うもの。
水産2級 : サケ科魚類及びアユ等貧腐水性水域の水産生物用及び水産3級の水産生物用。
水産3級 : コイ、フナ等、β-中腐水性水域の水産生物用。
工業用水1級 : 沈殿等による通常の浄水操作を行うもの。
工業用水2級 : 薬品注入等による高度の浄水操作を行うもの。
工業用水3級 : 特殊の浄水操作を行うもの。
環境保全 : 国民の日常生活(沿岸の遊歩道を含む。)において不快感を感じない限度。

(2) 海域
類型利用目的の適応性基準値
水素イオン
濃度指数
(pH)
化学的
酸素要求量
(COD)
溶存酸素量
(DO)
大腸菌
群数
n-ヘキサン
抽出物質
(油分等)
水産1級
水浴
自然環境保全
及びB以下の欄
に掲げるもの
7.8 以上
8.3 以下
2mg/l以下7.5mg/l 以上1,000MPN/
100ml 以下
検出されないこと
水産 2級
工業用水
及びCの欄
に掲げるもの
7.8 以上
8.3 以下
3mg/l 以下5mg/l 以上検出されないこと
環境保全7.0 以上
8.3 以下
8mg/l 以下2mg/l 以上
類型
類型利用目的の適応性基準値
  全窒素全燐
I自然環境保全
及び II 以下の欄に掲げるもの
(水産2種及び3種を除く。)
0.2mg/l以下0.02mg/l以下
II水産1種
水浴
及び III 以下の欄に掲げるもの
(水産2種及び3種を除く。)
0.3mg/l 以下0.03mg/l 以下
III水産2種、及びIVの欄に掲げるもの
(水産3種を除く)
0.6mg/l 以下0.05mg/l 以下
IV水産3種、工業用水、
生物生息環境保全
1mg/l 以下0.09mg/l 以下
【備考】
1 基準値は、上層の年間平均値とする。
2 水域類型の指定は、海洋植物プランクトンの著しい増殖を生ずるおそれがある海域について行うものとする。

(注) 1 水産2種 : 一部の底生魚介類を除き、魚類を中心とした水産生物が多獲される。
水産3種 : 汚濁に強い特定の水産生物が主に漁獲される。
2 生物生息環境保全 : 年間を通して底生生物が生息できる限度。

公共用水域が該当する全窒素、全燐に係る水質環境基準の水域類型の指定(抜粋)

平成14年3月15日 環境省告示第19号

水域
水域名該当
類型
達成期間暫定目標
   平成11年度平成16年度
東京湾(ロ)IV段階的に暫定目標を達成しつつ、
環境基準の可及的速やかな達成に努める。
全窒素 1.4mg/l
全燐 0.095mg/l
全窒素 1.2mg/l
全燐 設定せず
東京湾(ニ)III段階的に暫定目標を達成しつつ、
環境基準の可及的速やかな達成に努める。
全窒素 0.97mg/l
全燐 0.067mg/l
全窒素 0.83mg/l
全燐 0.065mg/l

(注) 該当類型については、次の図に示される海域の全窒素及び全燐に係る環境基準の類型に対応しています。

窒素、全燐に係る環境基準の水域区分

全窒素、全燐に係る環境基準の水域区分図

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:701-007-252

先頭に戻る