このページの先頭です

ヒアリかな?と思ったら

最終更新日 2021年3月15日

世界にはたくさんの種類のアリがおり、日本だけでも300種近くのアリが確認されています。
ここでは、ヒアリに間違われやすい生き物を紹介します。

ヒアリに間違われやすい生き物

アリグモの仲間

アリによく似たクモで、家の中でも見かけることがあります。
「見慣れないアリ」ということで、ヒアリとよく間違われます。
ヒアリ類は足が6本ですが、アリグモ類は足が8本あります。

アリグモ
アリグモの仲間

キイロシリアゲアリ

9月頃になるとオレンジ色の女王アリが結婚飛行のため外に出てきます。公園などでよく見かけられ、ヒアリと間違われやすいアリです。上から見ると、お尻がハートのような形をしています。

キイロシリアゲアリの働きアリ
キイロシリアゲアリ

キイロシリアゲアリの女王アリ
キイロシリアゲアリ(女王アリ)

ハリブトシリアゲアリ

褐色のアリで、7~9月頃に結婚飛行を行います。公園などでよく見かけることができます。

ハリブトシリアゲアリの働きアリ
ハリブトシリアゲアリ

オオズアリ

大型の兵アリと小型の働きアリに分かれており、兵アリは名前のとおり大きな頭が特徴です。公園などでもよく見られますが、色が赤褐色のため、ヒアリと間違われやすいアリです。

オオズアリ(兵アリ)
オオズアリ

アリバチの仲間

アリによく似たハチです。メスは羽がなく、針を持っています。
ヒアリ類より大きいものが多く、単独で行動します。

アリバチ
アリバチの仲間

このページへのお問合せ

環境創造局政策調整部政策課

電話:045-671-2484

電話:045-671-2484

ファクス:045-550-4093

メールアドレス:ks-tayou@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:810-232-500

先頭に戻る