このページの先頭です

生活騒音シリーズ「楽器・音響機器編」

最終更新日 2020年9月1日

楽器・音響機器編
生活騒音シリーズ「楽器・音響機器編」(PDF:3,573KB)


快適な音楽も時には騒音に!

ピアノ

音は人によって感じ方が違うものです。ある人にとっては♪快適な音楽♪でもお隣の人にとってはうるさい音となることがあります。


防音対策を行って楽しい演奏を!

防音対策

苦情を言われる前に隣近所の事情を考え、できる限りの防音対策を行い、音楽を存分にお楽しみください。


防音対策として次のことに気を付けましょう

防音対策
時間楽器の演奏時間や音響機器の使用時間に注意する。
ボリューム電気楽器、音響機器はボリュームを調節する。または、イヤホーン、ヘッドホーンなどで聴く。
位置隣家から少しでも離れた部屋に置く。
スピーカーの取り付けも壁などに密着しないようにする。(集合住宅の場合)
吸音厚手のカーテン、じゅうたん等の使用は吸音効果があります。
防音室カプセルタイプの防音室、または一室を防音構造化する方法もあります。
音のもれを防ぐ窓、ドアのすき間を遮音用パッキングでうめる。
窓、扉、雨戸などを閉める。
二重窓にする。
音源対策
(ピアノの場合)
弱音ペダルを使う。
ピアノの裏側にボードやピアノ用遮音板を取り付ける。
防振ゴム、敷台を使う。(集合住宅において、固体伝播音をある程度減らす。)

トランペット

ラジオ

防音ルーム

防音対策


PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部大気・音環境課

電話:045-671-2483

電話:045-671-2483

ファクス:045-550-3923

メールアドレス:ks-soudan@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:978-470-164

先頭に戻る