このページの先頭です

生活騒音シリーズ「住宅機器・設備編」

最終更新日 2020年9月1日

住宅機器・設備編
生活騒音シリーズ「住宅機器・設備編」(PDF:3,470KB)


フローリング(板床)

木目でしゃれた雰囲気とダニ予防で人気があります。でも、材質や使い方次第では騒音トラブルを生じかねません。
改装にあたっては、施工業者・製品メーカー・工法等の選定に細心の注意が必要です。

フローリングにした際の工夫

下階から苦情がでた場合、部分的にじゅうたんを敷いたりテーブルや椅子の足にゴムやフェルトを張ると効果があります。

じゅうたん猫

床の遮音

日本建築学会では生活実感という面から床の遮音等級をわかりやすく表現した表を作っています。生活実感に見合った遮音等級のフローリングを選びましょう。

床の遮音等級
遮音等級
(JIS A1419)
L-35L-40L-45L-50L-55L-60
適用等級
(集合住宅)
特級特級1級2級2級3級
人の足音や跳ねまわり等ほとんど聞こえない通常では聞こえない聞こえるが気にはならない聞こえるよく聞こえる発生音がかなり気になる
椅子の移動音、ものの落下など通常では聞こえないほとんど聞こえない小さく聞こえる発生音が気になる発生音がかなり気になるうるさい
生活実感・プライバシーの保護上階の気配を感じる場合がある気配は感じるが気にはならない上階の生活が多少意識される程度
スプーンを落とすとかすかに聞こえる
上階の生活が意識される
椅子を引きずる音は聞こえる
上階の生活行為がある程度わかる
椅子を引きずる音はうるさく聞こえる
上階の生活行為がよくわかる

掃除機、高圧洗浄機、草刈機及び手持ち式ブロワ(落ち葉掃除用)を使うとき

掃除機

  • 早朝や深夜の利用は避けましょう。
  • 低騒音の機種を選びましょう。

洗濯機を使うとき

洗濯機

  • 早朝や深夜の利用は避けましょう。
  • 置く場所にも十分注意しましょう。
  • 床には消音マットを敷くようにしましょう。

家庭用ボイラー及びエアコンを使うとき

ボイラー

  • エアコンを使うときはタイマーを使用し、深夜の使用を控えましょう。
  • 低騒音の機種を選びましょう。
  • 置く場所にも十分注意しましょう。
  • 異常が生じた時にはメーカーまたは設備業者に点検してもらいましょう。
  • 防音塀などをつくることも良いでしょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部大気・音環境課

電話:045-671-2483

電話:045-671-2483

ファクス:045-550-3923

メールアドレス:ks-soudan@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:825-497-522

先頭に戻る