このページの先頭です

2015年度横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム「横浜読書百貨展」を実施しました

最終更新日 2019年11月23日

横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム「横浜読書百貨展」を開催しました

読む・知る・つながる~読書との出会い~

読書百貨展ポスター


読書百貨展 印刷用ちらし 画像(PDF:3,686KB)

平成27年11月1日(日曜日)に、新都市ホール・センタープラザ(そごう横浜店9階)で横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム「横浜読書百貨展」を実施しました。
延4000人の方にご来場いただき、読書にかかわるさまざまなイベントを楽しんでいただくことができました。


トークセッション 写真

ビブリオバトル中級編 写真

おはなしの広場 写真


全体プログラムタイムスケジュールはこちら(PDF:483KB)
会場図はこちら(PDF:659KB)
印刷用ちらしはこちら(PDF:3,686KB)

全体プログラムタイムスケジュール 画像(PDF:483KB)

会場図(PDF:659KB)


<エリア名>

【主催】横浜市教育委員会(生涯学習文化財課/指導企画課/中央図書館)

【協力(五十音順)】いか文庫 株式会社 紀伊國屋書店 日本アニメーション株式会社 一般社団法人まちライブラリー MAMEBOOKS 株式会社 有隣堂

毎月23日は「市民の読書の日」、毎年11月は「市民の読書活動推進月間」

日本アニメーション株式会社40周年記念作品
「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」
上映会、講演会、感想文・イラストコンクール授賞式

【協力】日本アニメーション株式会社(外部サイト)

映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」上映会

3部作の1作目、日本アニメーション株式会社40周年記念作品「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」を上映しました。
シンドバッド 公式ホームページ(外部サイト)

シンドバッド 映画ポスター
©プロジェクト シンドバッド

講演会「1冊の本から映画ができるまで」

映画プロデューサー井上孝史氏から、「1冊の本から映画ができるまで」と題し、お話をいただきました。
日本アニメーション井上孝史氏講演会写真
日本アニメーション井上氏講演会 写真2

映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」公開記念感想文・イラストコンクール授賞式

感想文・イラストコンクール優秀作品の授賞式を開催しました。作品は、会場内で展示されました。
※横浜市(教育委員会)では「横浜市民の読書活動の推進に関する条例」の基本理念に基づき、言葉を学び、感性を磨き、表現力や想像力を高め、豊かなものするため、読書活動を推進しています。
今回の日本アニメーション株式会社とのタイアップは、共創フロント(横浜市の公民連携に関する民間提案を受け付ける窓口)を通じて、同社から提案があったものであり、映画を通して、子どもたちが著名な古典文学に触れ、興味を持つきっかけとなることを願い、実現したものです。

まちライブラリー提唱者・礒井純充氏による基調講演、トークセッション基調講演「本で人をつなぐ まちライブラリーのつくりかた」

まちライブラリーとは、まちのカフェやギャラリー、オフィスや住宅、お寺や病院などの一角に共通の本棚を置き、そこにメッセージ付の「本」を持ち寄り、交換しながら「人」の縁をつむいでいく活動です。この活動について、提唱者の礒井(いそい)純充(よしみつ)氏に講演していただきました。
講師:まちライブラリー提唱者・森記念財団部長・大阪府立大学客員研究員 礒井 純充(いそい よしみつ)氏
基調講演 写真
基調講演 写真2

トークセッション

「本をきっかけにした人と人とのつながりづくりを考える」と題したトークセッションが行われました。
コーディネーター:国立教育政策研究所生涯学習政策研究部長 笹井 宏益氏
パネリスト:まちライブラリー提唱者・森記念財団部長・大阪府立大学客員研究員 礒井 純充氏
いか文庫店主 粕川 ゆき氏
MAMEBOOKS店主 峰尾 亮平氏

トークセッション 写真

「読書活動団体」活動紹介

横浜で活動する様々な読書活動団体を、パネルで紹介しました。チラシやパンフレットの配布も行いました。
参加団体一覧はこちら(PDF:116KB)

モンゴル衣装を着てみよう 写真
「学校司書」活動紹介

平成25年度から市立小・中・特別支援学校への配置を開始した学校司書の活動を、パネルとスライドで紹介しました
学校司書紹介スライドコーナー 写真

日本アニメーション株式会社40周年記念パネル展

「世界名作劇場」の複製原画や、関連する本を展示したほか、ブックリスト「あの名作、この本から」を配布しました。

【協力】日本アニメーション株式会社(外部サイト)

[配布資料]
あの名作、この本から(PDF:845KB)
日本アニメーション複製原画展 写真

映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」公開記念感想文・イラストコンクール受賞作品展

コンクールの優秀作品(感想文部門3作品、イラスト部門4作品)を展示しました。

【協力】日本アニメーション株式会社(外部サイト)

コンクール優秀作品展 写真

ビブリオバトル簡単!楽しく!ビブリオバトル体験講座(初級編)

ビブリオバトルの説明を聞いたあと、グループに分かれて実際にチャレンジ。
講師:株式会社 有隣堂 小石 浩貴氏
ビブリオバトル初級編 写真
一緒にやってみよう!ビブリオバトル体験講座(中級編)
ビブリオバトルの説明を聞いたあと、実際にチャレンジ。企画運営のためのノウハウも学びました。
講師:株式会社 有隣堂 市川 紀子氏
ビブリオバトル中級編 写真

ビブリオバトル世話人サミット~ビブリオバトルを通して考える読書イベントの意義~

ビブリオバトルのプロたちにより、デモンストレーションバトルとパネルディスカッションが行われました。
コーディネーター:有隣堂ビブリオバトルプロジェクトチーム 市川紀子氏
パネリスト:トーハン図書館事業部 石井 真一氏
宅配書店サンタポスト主宰、ビブリオバトル普及委員会理事 粕谷 亮美氏
東京創元社編集部 小浜 徹也氏
紀伊國屋書店ビブリオバトル推進チーム 瀬部 貴行氏
ビブリオバトル世話人サミット 写真

いか文庫のブックカバー作りワークショップ

いか文庫スタッフが教える「イカしたブックカバー」作り。小学生から大人まで、たくさんの人が挑戦していました。
ブックカバー作り 写真
ブックカバー 写真 1ブックカバー 写真 2

POP作りワークショップ

書店員による、POPカード(品名・価格・特徴・推薦文等を端的に記した広告用カード)作成ワークショップです。POPについての説明を受けてから、思い思いのPOPを作成しました。
講師:株式会社 有隣堂 梅原 潤一氏
POP作りワークショップ 写真

まちライブラリー

まちライブラリー ロゴ
「どこでも、誰でも、いつでも始められる。」
メッセージをつけた本を持ち寄り、まちのあちこちに小さな図書館(まちライブラリー)をつくり、人と出会うきっかけを作っている取組を紹介。
Little Free Library(本の巣箱)の取組も紹介しました。
まちライブラリーホームページはこちら(外部サイト)
まちライブラリー 写真
本の巣箱 写真

MAMEBOOKS

MAMEBOOKSロゴ
なんでもない場所を「本のある空間」に変えてしまう「散歩する移動式古本屋」さん。
イベント出店を中心に、いつもと少し違った「読書体験」を提案してます。
「好きな本ってなあに?」、そんな会話がなにより好きです。
催しごとに選び持ち込む本は、すべて「店主が読んだことのある好きな本」。
そんなMAMEBOOKSが、会場内にやってきました。
MAMEBOOKSホームページはこちら(外部サイト)
マメブックス 写真

いか文庫

いか文庫 ロゴ
お店も商品も持たない”エア本屋”。リアル書店での「いか文庫フェア」や、本と”何か”を組み合わせたイベントを開催しています。今回は、本、本屋、いかに関する記事を掲載した「いか文庫新聞」を、一挙に展示しました。一度に全号見られたのは、これが初めてです。
いか文庫ホームページはこちら。(外部サイト)
いか文庫展示 写真

思い出古本市

「思い出」のある本を持参した、一日だけの店主による古本市が開かれました。次の7組の出店がありました。
・横浜読書会KURIBOOKS
・日曜日の図書館 南回帰線
・うらら屋
・ひな菊の古本
・ミツバチフラワー
・ゾロトン書店
・ことくに書店
思い出古本市 写真
思い出古本市 全景写真
象の鼻テラスでの展覧会で製作された直径4メートルの「まるイロカーペット」も登場し、本を読んでくつろぐ人がたくさんいました。
象の鼻テラスホームページはこちら(外部サイト)

好きな本の話を聞かせてくれませんか?

会場にいる方の前で、自分のお気に入りの本の話を4つのテーマから選んで紹介するコーナー。聞いている方も飛び入り参加可能なアットホームな場で、お気に入りの本の話をしたり、聞いたりしました。
【テーマ】〈1〉子どもの時に好きだった本 〈2〉人生の転機となった本 〈3〉元気にさせてくれた本 〈4〉その他自由に!
コーディネーター:MAMEBOOKS店主 峰尾 亮平氏
好きな本の話を聞かせてくれませんか 写真

おすすめ絵本の展示

図書館のおすすめする絵本・紙芝居の展示をしました。実際に手にとって見る子どもたちがたくさんいました。
おススメ本のリストはこちら(読んでみようこんな本のページ)(外部サイト)で見られます。
おすすめ絵本の展示 写真

おはなし会

手作り大型絵本の読み聞かせや、ボランティアの方によるおはなし会を行いました。
出演:よこはまライブラリーフレンド&かながわこどもひろば
横浜市立みなと総合高等学校 企画部
つどおうJiJiBaBa隊
紙芝居文化推進協議会
おはなし会プログラム(PDF:5,436KB)
おはなし会 写真1
よこはまライブラリーフレンド・かながわこどもひろば 写真横浜市立みなと総合高校 写真
JiJiBaBa隊 写真紙芝居文化推進協議会 写真

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局総務部生涯学習文化財課

電話:045-671-3282

電話:045-671-3282

ファクス:045-224-5863

メールアドレス:ky-syobun@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:318-045-067

先頭に戻る