このページの先頭です

第2次横浜市生涯学習基本構想

最終更新日 2019年3月4日

第2次横浜市生涯学習基本構想

●第2次横浜市生涯学習基本構想のあらまし
前文
推進にあたっての基本的な考え方
推進目標
生涯学習推進・支援体制について

第2次横浜市生涯学習基本構想のあらまし

「第2次横浜市生涯学習基本構想」は、最初の「横浜市生涯学習基本構想」が昭和63年5月に策定された以降の社会状況や市民のニーズを踏まえ、平成11年11月に第5期横浜市生涯学習推進会議より答申されました。

◆推進に当たっての基本的な考え方

今後の生涯学習支援は、市民一人ひとりが学びや活動によって、自らの課題を自らの手で解決する力を高めていくこと(エンパワーメント)を重視します。また、一人ひとりのいのちや尊厳を重視し、一人ひとりが充実した人生を送り、互いに大切にしあい、ともに生き、ともに育ち(共生)、主体的なかかわりの中でともに文化を創りあげる社会の形成(参画)につなげていくことを目標とします。

1 市民のエンパワーメントにつなげられるよう生涯学習を推進します。
2 横浜の豊富な学習資源を生かしあえる環境を整備します。
3 学びや活動を支援するシステムを地域・区域・市域の各圏域で整備します。
4 人間として生きる力を高めるために、人、自然、社会と向きあう活動を支援します。
5 地域・社会の課題解決につながる学びや活動を支援します。
6 市民・学校・民間教育事業者・企業・行政等のパートナーシップによる学習支援を推進します。

◆推進目標

1 市民の自律的な生涯学習の推進
2 多彩な人材を生かす環境づくり
3 くらしやまちの創造につながる学びや活動の推進・支援
4 子どもと大人がともに学ぶことができる環境づくり

このページへのお問合せ

教育委員会事務局総務部生涯学習文化財課

電話:045-671-3282

電話:045-671-3282

ファクス:045-224-5863

メールアドレス:ky-syobun@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:432-340-993

先頭に戻る