このページの先頭です

平成28年度 鶴見図書館の目標振り返り

最終更新日 2018年12月26日

※この目標は「横浜市立図書館アクションプラン(第2期)」に基づいて策定しています。[実施状況]の数値は平成28年度末現在です。

基本目標:市民の読書活動を支える地域の情報拠点

重点項目1 市民の読書活動を支える図書館

地域特性に応じた読書活動の推進
具体的取組指標実施状況評価
鶴見区福祉保健センターと共催で、乳幼児健診時に「つるみっこ絵本広場」を実施し、絵本やわらべうたの紹介、図書館利用の働きかけを行い、子育てを支援します。

「つるみっこ絵本広場」実施回数
スタッフの養成講座の開催

実施回数360回
6月に養成講座(全3回)2月にスキルアップ研修(公開講座)開催

保育所と連携を図り、保育士や園児・保護者への読書支援活動を行います。

区内保育園園長会でのPR
保育所への訪問回数

保育所訪問回数9回
区役所との連携を強化します。共催読書イベントの開催
各課事業への協力
8月に「旧東海道みち散歩すごろく」共催
10月に「ブラジルWEEKinつるみ」展示協力
11月に読書講演会共催
11月に区民ホール展示
鶴見区読書活動推進目標に基づき多文化共生の取り組みを進めます。国際交流ラウンジやNPO法人などとの連携事業の回数5月にカンガルーサロン訪問
学習支援団体2団体にグループ貸出
10月にNPO法人関連展示開催
区内高校・大学と連携して事業を行います。横浜サイエンスフロンティア高校との連携事業の開催
鶴見大学・鶴見商科大学との連携事業の開催
7月に夏休み科学遊びの会開催
3月に高校生によるおすすめ本の展示
8月、12月、3月に鶴見大学学生によるおはなし会開催
6月、11月に鶴見大学・商科大学図書館ツアー開催

家庭での読書活動の支援
具体的取組指標実施状況評価
子育て世代にむけた読書への導入につながる行事を開催し、家庭で本に親しむきっかけを作ります。親子向け絵本とわらべうた講座の実施
おはなし会の実施回数
4月に「パパ・ママ・赤ちゃんのための絵本とわらべうた講座」開催
月3回の定例おはなし会に加え、「英語でたのしむおはなし会」を5月から9回実施
12月に「おはなしフェスティバル」8月、3月に「つるたんつるぽんおはなし会」開催
図書館で作成する年齢別おすすめ本のリスト「読んでみようこんな本」を通年配布します。春と秋の読書週間時には併せて本も展示します。配布数1,000部(前年度同)
大人向けの朗読会を開催し、読書に親しむ機会を作ります。朗読会開催回数4月、8月、12月に「大人のための朗読サロン」5月、3月に「朗読ライブラリー」、10月に「朗読マラソン」を実施

学校への支援と学校教育への協力
具体的取組指標実施状況評価
教職員向け貸出の登録・利用を推進します。登録教職員数・貸出冊数登録教職員数93人・貸出冊数3,557冊
学校連携事業(訪問おはなし会や学校図書館整備相談などの訪問事業、図書館見学、教職員向け相談、研修など)をすすめます。連携回数80回
中学校・高等学校の職業体験やインターンシップを受け入れます。受入人数22人受入

地域の読書活動への支援
具体的取組指標実施状況評価
読み聞かせボランティア講座を開催します。開催回数6月に初心者向け、10月に経験者向けを開催
グループ貸出の登録・利用を促進します。登録団体数・貸出冊数56団体・5,566冊
区内図書関連施設職員向け研修・交流会を開催します。研修ないし交流会の開催6月、2月に「読書活動施設連絡会議」を開催
区民活動センターなどと共催で、高齢者向け読み聞かせボランティアの交流を図ります。研修ないし交流会の開催7月から「高齢者向け読み聞かせボランティア交流会」を4回開催、活動支援
1月から2月にかけて「高齢者向け絵本・紙芝居講座」を計4回開催

重点項目2 地域の情報拠点としての図書館

市民の課題解決と読書活動に役立つ資料の収集
具体的取組指標実施状況評価
区内で居住、就労、就学する多様な人々の日常的な課題解決に役立つ資料を収集<1>中小企業従事者支援資料
<2>子育て支援資料
<3>看護・介護・福祉従事者支援資料
<4>移民・多文化共生・在日外国人問題関連資料
<1>121冊
<2>64冊(分類590台以外)
<3>63冊
<4>56冊
区役所・学校・保育園・市民グループ等との連携事業関連資料を収集<1>定番絵本・紙芝居の更新等
<2>一般向け基本図書の更新等
<3>区在住外国人のための外国語資料
<1>280冊
<2>137冊
<3>108冊
寄贈の推進<1>鶴見区関連資料の寄贈依頼
<2>人気のある資料の寄贈依頼
2,368冊

資料の保存環境の整備
具体的取組指標実施状況評価
図書を探しやすく、また新しく入った図書が目に入りやすい余裕のある書架にします。<1>公開書架の棚板の増設
<2>汚破損本や利用の低い図書の整理
・<1><2>は実施済み
・絵本架・文庫架の増設
書庫内貴重資料の保存環境の見直しを図ります。市内で鶴見図書館でしか所蔵していない貴重資料の地震・津波対策最下段の資料を移動したC

資料の活用と情報発信
具体的取組指標実施状況評価
図書館ホームページ内の「鶴見を読む」郷土資料コンテンツを拡充します。コンテンツの増加未実施
広報よこはま鶴見区版での本の紹介コーナーを執筆します。掲載回数年8回掲載
図書館ホームページをこまめに更新します。更新回数月2回以上更新

市民の学習活動・課題解決の支援
具体的取組指標実施状況評価
他機関と協力して、企画展示の内容を充実させます。展示回数年8回開催
郷土の歴史に関する講演会を実施します。講演会開催開催せず
調べ物や資料相談に積極的に応えます。レファレンス受付件数5,421件

人材育成の推進
具体的取組指標実施状況評価
職員向け研修に積極的に参加します。研修参加延べ人数延べ12人(人権啓発や管理業務系を除く)

重点項目3 誰もが利用しやすい図書館

市民の意見を反映した図書館運営
具体的取組指標実施状況評価
区役所と共催で利用者懇談会を開催し、いただいた意見を図書館運営に反映させます。懇談会開催3月に「鶴見区の読書活動を広める連絡会」開催

鶴見図書館独自目標
具体的取組指標実施状況評価
区民活動センターなどと共催で、高齢者向け読み聞かせボランティアの交流を図ります。(再掲)研修ないし交流会の開催7月から「高齢者向け読み聞かせボランティア交流会」を4回開催、活動支援
1月から2月にかけて「高齢者向け絵本・紙芝居講座」を計4回開催
振り返り
図書館の目標振り返りについての総合図書館コメント
今年度の取組について子育て世代が増加している区の特性を踏まえて、乳幼児、児童向けのサービスに力を入れてきたところですが、今年度は新たに大人のための朗読会の開催や、高齢者の読書活動推進に向けた体制づくりに力を入れました。高齢者向け読み聞かせに関する講演会をきっかけとして、区役所と連携しながら、講演会の参加者を中心に読み聞かせ・紙芝居講座を開催し、2つのボランティアグループが立ち上がりました。区読書活動推進目標に掲げた「外出が困難な高齢者を対象に、ボランティアの協力を得て読書が楽しめる仕組みづくり」を着実に推進することができました。
今後の課題について年度当初に目標として設定した項目の中で、自己評価が相対的に低かった重点項目2「地域の情報拠点としての図書館」のうち、Cをつけた3項目については、改善に向けた取り組みが必要と考えています。また、図書館と連携できる様々な団体や組織の掘り起しと働きかけが十分ではないと認識しています。今後、区役所等と連携しながら、さまざまな協働の可能性を探って行きたいと考えています。

※取組の評価について
評価内容
目標とした、または期待した水準を上回る達成状況である
おおむね目標とした、または期待した水準レベルの達成状況である
目標とした、または期待した水準を下回る達成状況である

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館企画運営課

電話:045-262-7334

電話:045-262-7334

ファクス:045-262-0052

メールアドレス:ky-libkocho-k@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:502-320-411

先頭に戻る