このページの先頭です

平成28年度 戸塚図書館の目標振り返り

最終更新日 2018年12月27日

※この目標は「横浜市立図書館アクションプラン(第2期)」に基づいて策定しています。[実施状況]の数値は平成28年度末現在です。

基本目標:市民の読書活動を支える地域の情報拠点

重点項目1 市民の読書活動を支える図書館

地域特性に応じた読書活動の推進
具体的取組指標実施状況評価
市民の読書活動推進月間における読書活動推進事業の取組ビブリオバトル、読書活動紹介展示などの実施11月5日を中心に実施
読書活動ボランティアグループへの活動支援ボランティアグループ交流会、ボランティア活動入門、スキルアップなどの講座開催4回実施(6月、2月2回、3月)

家庭での読書活動の支援
具体的取組指標実施状況評価
保護者と子どもの読書活動支援家庭での読み聞かせ講座実施1回実施(11月)
乳幼児と保護者が本に親しむきっかけづくりの取組区役所乳幼児健診での職員・ボランティアグループ等のはたらきかけ43回実施
母親教室での乳幼児と保護者の読書活動推進パンフレット配布通年実施するとともに2月にパンフレットを改訂した。

学校への支援と学校教育への協力
具体的取組指標実施状況評価
学校司書・学校図書館ボランティアとの連携強化・支援の取組学校司書研修への参加
学校図書館ボランティア交流会実施
3回実施(5月、7月、2月)
学校からの要請による、学校教育活動への支援インターンシップ、職業体験、図書館見学等の受入
授業、学校図書館整備等に関する職員の出張サービス
39回

地域の読書活動への支援
具体的取組指標実施状況評価
グループ貸出事業の利用促進グループ貸出冊数1,793冊

重点項目2 地域の情報拠点としての図書館

市民の課題解決と読書活動に役立つ資料の収集
具体的取組指標実施状況評価
家庭での子どもの読書活動やボランティアグループによる働きかけを支える図書の充実多くの人に親しまれる定評のある児童書の整備214冊
区民や区内企業・関係団体等による図書館蔵書充実への支援のはたらきかけの強化「寄贈」による図書・資料の充実2,896冊A

資料の活用と情報発信
具体的取組指標実施状況評価
身近な生活や社会の話題などに応じた図書資料の紹介図書館における図書展示紹介
広報よこはま戸塚区版を通じた図書紹介
42回

市民の学習活動・課題解決の支援
具体的取組指標実施状況評価
地域の特徴や生活課題等のテーマに沿った情報提供と図書館を活用した学習活動の支援時宜に応じたテーマでの講座の実施と図書紹介
図書館資料の活用に関する支援
3回実施(6月、10月、12月)

人材育成の推進
具体的取組指標実施状況評価
知識やスキルのレベルアップに対する積極的取組庁内、庁外の研修・視察等への職員の参加4.6回/人

重点項目3 誰もが利用しやすい図書館

市民の意見を反映した図書館運営
具体的取組指標実施状況評価
読書活動推進と図書館運営に関する意見の収集と関係者間の連携・情報交換の強化読書活動推進懇談会の開催2回実施(10月、3月)

戸塚図書館独自目標
具体的取組指標実施状況評価
区役所、区内各施設・機関、区民団体等と連携の強化協働事業の実施、各機関・団体等の事業への図書館の特徴を生かした積極的参加5回実施(7月、8月、9月、10月、12月)
振り返り
戸塚図書館の目標振り返りについての総合図書館コメント
今年度の取組について学校連携事業や乳幼児健康診断など子どもに向けた読書の働きかけを活発に展開できました。また、さまざまな講座や交流会を通じて読み聞かせボランティアグループなどの活動への支援を充実させることができました。
今後の課題について区役所をはじめとした区内の各施設・機関・学校・団体・個人がそれぞれ行う読書活動推進の連携を図り、相乗効果が上がっていくようにそれぞれの交流と協働をコーディネートしていくことが一層重要となるので取り組んでいきます。

※取組の評価について
評価内容
目標とした、または期待した水準を上回る達成状況である
おおむね目標とした、または期待した水準レベルの達成状況である
目標とした、または期待した水準を下回る達成状況である

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館企画運営課

電話:045-262-7334

電話:045-262-7334

ファクス:045-262-0052

メールアドレス:ky-libkocho-k@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:491-499-123

先頭に戻る