このページの先頭です

平成28年度 港北図書館の目標振り返り

最終更新日 2018年12月26日

※この目標は「横浜市立図書館アクションプラン(第2期)」に基づいて策定しています。[実施状況]の数値は平成28年度末現在です

基本目標:市民の読書活動を支える地域の情報拠点

重点項目1 市民の読書活動を支える図書館

地域特性に応じた読書活動の推進
具体的取組指標実施状況評価
(区と連携した事業の推進)
区の読書活動推進目標に沿った行事や講演会等の実施協力
  1. 推進月間区主催イベント(パパと遊ぼう等)での図書館PR、絵本リスト等配布等の回数
  2. 図書貸出施設マップの更新・関連施設との連携によるスタンプラリー等の実施
  1. パパと遊ぼうイベント(横浜アリーナ)で図書館PR、絵本リスト配布、読み聞かせ等を実施(10月15日)
  2. 読書推進月間に合わせ図書貸出施設を巡るスタンプラリーを開催(11月)
区生涯学級講座、講座卒業グループとの連携区生涯学級講座等での資料提供・紹介、開催協力数生涯学級「紙芝居で地域の魅力を発信(全4回)」開催。2つの卒業生グループにより「紙芝居」18作品追加(計39作品)、施設や保育所で上演(約40回)
まちライブラリーの推進、PRまちライブラリー@ミズキー文庫の開催回数区役所にミズキー文庫開設(5月)区内子育て支援拠点に2か所開設(1月)。まちの先生事業等で文庫のPRと寄贈本の呼びかけ(5回)

家庭での読書活動の支援
具体的取組指標実施状況評価
子育て支援施設等での絵本講座子育て支援施設等での講座回数初の幼稚園協会教員60人への研修
区乳幼児健診センター内PR周知ポスター掲示回数6回
青少年指導員お勧め本リレー支援回数青少年指導員に代わりボランティアグループにより、おすすめ本のPOP展示(6回)
区内小学校POP甲子園開催支援回数小学生から一般の方まで幅広く参加するPOPコンテストを開催(応募88作品)

学校への支援と学校教育への協力
具体的取組指標実施状況評価
学校図書館の運営支援学校への出張相談・研修実施回数9回(学校司書相談4、ボランティア向け読み聞かせ講座1、上の宮中学校区ボランティア交流会1、しのはら西地区ビブリオバトル体験講座1、学校図書館研究会で本紹介1、北部4区ビブリオバトル研修1)
区内各学校との情報共有
  1. 読書活動推進連絡会の開催回数
  2. 学校司書との懇談会開催回数
推進連絡会2回開催、学校司書懇談会1回、他に読書活動推進連絡会メーリングリスト化、メンバーへ情報発信7回。

地域の読書活動への支援
具体的取組指標実施状況評価
地域と協働した事業の実施
  1. ボランティアと協働したおはなし会や朗読会の企画事業の実施
  2. ボランティア向けの講座の実施
  1. 61回(土曜日のおはなし会、ひよこのおはなし会など)
  2. 読み聞かせ(1回)修理講座(1回)他に地域の様々なグループによるおはなし会を4月11月に開催。
団体貸出等の利用促進区内各種団体定例会、市民利用施設定例会での資料配布、説明等10か所(定例会、会議、区内保育園長会、新規ブロック別連携会議)

重点項目2 地域の情報拠点としての図書館

市民の課題解決と読書活動に役立つ資料の収集
具体的取組指標実施状況評価
各世代の課題解決に役立つ図書の補充
  • 子育て関連図書の充実
  • 市民の関心が高い民事の法律(相続・遺言など)図書の収集と更新
  • 自然科学分野の参考図書の補充
  • 市民の地域活動の参考となる資料の収集
  • 教職員向け貸出および家庭での調べ学習に役立つ資料の拡充
子育て関連図書54冊
民事の法律関連図書33冊。講演会、資料展示実施
起業関連図書57冊。講演会、資料展示実施
自然科学分野の参考図書17冊
市民活動支援図書35冊
(児童書)ちしきの本196冊
寄贈の推進一般に流通しない地域資料の充実
「港北図書館友の会」からの寄贈の継続
郷土資料680冊
その他図書2,536冊
読書活動推進
<世代別支援>
  • 大活字資料の収集・更新
  • ティーンズコーナーの充実
<区内施設との連携>
  • ウォーキング関連図書の収集
  • 各種リスト掲載図書を中心に定評ある絵本の収集
  • 3歳から6歳向け新ブックリスト掲載図書の収集
大活字資料の収集20冊
ティーンズコーナー資料の収集74冊
ウォーキング関連図書の収集17冊
定評ある絵本の収集196冊
3歳から6歳向け新ブックリスト掲載図書の収集51冊

資料の保存環境の整備
具体的取組指標実施状況評価
図書修理ボランティア活動の運営・連絡調整定例開催週2回・合計89回

資料の活用と情報発信
具体的取組指標実施状況評価
外部事業への資料提供「港北文庫のつどい」講演会等への資料提供回数17回実施A

市民の学習活動・課題解決の支援
具体的取組指標実施状況評価
港北まちの情報コーナー等展示スペースの活用港北まちの情報コーナー等での企画展示実施回数18回

人材育成の推進
具体的取組指標実施状況評価
司書のスキルの継承と共有化推進研修への参加回数全員接遇研修含む19回

重点項目3 誰もが利用しやすい図書館

市民の意見を反映した図書館運営
具体的取組指標実施状況評価
港北図書館友の会定例会参加・事業支援参加回数・事業協力数定例会9回、事業支援12回
乳幼児向け「おはなし会」ボランティア連絡会の開催開催回数3回
図書修理ボランティア交流会開催回数1回

港北図書館独自目標
具体的取組指標実施状況評価
サイン類の見直し窓口案内、座席利用方法、サービス案内表示等の見直し12月までに実施済み
振り返り
図書館の目標振り返りについての総合図書館コメント
今年度の取組について図書館、区役所、大倉精神文化研究所の3者連携を密に、区内の多様な主体との繋がりにより「港北昔ばなし紙芝居」の作品充実、区内貸出施設の増、出前上演会の新規実施などが達成できました。紙芝居活動の地方創生レファレンス大賞審査会特別賞受賞は、関係者の大きな励みとなり、地域文化の発信と継承に寄与できていると思います。「港北あちコチまちライブラリー」の取組で消防署や区役所、子育て支援拠点でまちライブラリー全国初開設を展開し、チーム横浜市長賞も受賞したPR効果等で、区内数か所でも開設の動きが生まれており、区民の読書活動推進の環境づくりに大きく前進できました。また、区内事業所とも連携し歴史、お城講演会等で街への関心や商店街の周知等にも貢献できています。図書館の持つ様々な可能性、魅力の発信が出来ました。
今後の課題について来館者増に伴い、貸出件数も伸びており、利用頻度増で所蔵書籍の消耗、劣化が進み、新しい書籍もしくは程度のいい書籍を随時補充していく必要があります。書籍購入予算が厳しい中、港北図書館友の会事業等とも連携し、様々な手法で書籍、資料収集に工夫を加えていく必要があります。また、幼少期より読書に親しむ環境づくりを進めていくことが重要であることから、おはなし会のほかに、乳幼児検診時などを活用した円滑なブックスタート事業を展開する必要があります。

※取組の評価について
評価内容
目標とした、または期待した水準を上回る達成状況である
おおむね目標とした、または期待した水準レベルの達成状況である
目標とした、または期待した水準を下回る達成状況である

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館企画運営課

電話:045-262-7334

電話:045-262-7334

ファクス:045-262-0052

メールアドレス:ky-libkocho-k@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:276-507-856

先頭に戻る