このページの先頭です

平成28年度 泉図書館の目標振り返り

最終更新日 2018年12月27日

※この目標は「横浜市立図書館アクションプラン(第2期)」に基づいて策定しています。[実施状況]の数値は平成28年度末現在です。

基本目標:市民の読書活動を支える地域の情報拠点

重点項目1 市民の読書活動を支える図書館

地域特性に応じた読書活動の推進
具体的取組指標実施状況評価
泉区の読書活動推進目標に基づく、区役所等と連携した事業を実施します。家庭内読み聞かせの大切さを伝えるチラシの作成2,500枚配布
ミニコミ紙への情報提供を積極的に行います。提供回数13回
ホームページコンテンツの見直しと充実をはかります。更新回数25回更新(前年度:12回更新)
大人向けのおはなし会を開催し、読書を楽しめる機会を提供します。開催回数2回(7月・11月)
泉区制30周年を記念した「BOOK福袋」を作成し、新しい分野の図書との出合いを提供します。提供回数2回(一般6月、児童8月)
「読書マラソン」を実施
広報よこはま泉区版に、コラム「子育てに本を」(絵本の紹介)を掲載します。掲載回数全6回

家庭での読書活動の支援
具体的取組指標実施状況評価
わらべうたの講座や年齢別おはなし会を開催し、家庭で楽しめるわらべうたや絵本の紹介を行います。開催回数わらべうた連続講座全5回/年2回実施
0・1・2・3歳のおはなし会月1回/年12回実施
つくって楽しいおはなし会年間4回実施
小学生向けおはなし会年間9回実施
家庭内読み聞かせの大切さを伝えるチラシに掲載している絵本を常置して貸出しを行います。絵本の購入冊数90冊

学校への支援と学校教育への協力
具体的取組指標実施状況評価
図書館見学や訪問おはなし会を積極的に受け入れます。学校連携事業の受入件数51件
学校司書研修や教職員研修、学校図書館運営への支援学校司書研修、図書担当教諭向け研修、講座への講師派遣回数4回
教諭の授業支援のため、教職員向け貸出を行います。貸出冊数4,475冊
学校司書をはじめとする教職員の支援のため、レファレンスや活動相談に積極的に応じます。教職員からのレファレンス相談件数92件

地域の読書活動への支援
具体的取組指標実施状況評価
市民と協働したおはなし会を開催し、ボランティアの実践の場を提供します。開催回数日曜おはなし会/月1回実施
土曜おはなし会/月1回実施
夏休み連続おはなし会年間全5回実施
地域の読み聞かせボランティア向けにグループ貸出を行います。貸出冊数3,365冊
小学校読み聞かせボランティア養成講座、勉強会を開催します。開催回数2回
読み聞かせボランティア交流会を開催し、おはなし会等の担い手を育成します。開催回数1回(前年度:1回)
相鉄沿線4館での読み聞かせ講座の開催により講師を育成していきます。開催回数2回

重点項目2 地域の情報拠点としての図書館

市民の課題解決と読書活動に役立つ資料の収集
具体的取組指標実施状況評価
高齢者向けの資料、子育て世代向けの資料を補強します。生活上の諸問題に関する資料39冊
健康・医療関係資料43冊
子育て情報コーナー向け資料44冊
子どもをめぐる諸問題に関する資料46冊
芸術・語学分野の資料を強化します。高額資料、所蔵が少ない言語や需要の高い英語学習書の補強、日本語学習者向け資料など83冊
著名作家・需要がある作家の既刊書を購入します。破損などにより市内所蔵が減少した作品を中心とする買い替え61冊
子ども向け定番図書を充実します。定番絵本の買い替え166冊
「おはなし会に向く絵本コーナー」の絵本購入31冊
外国の物語の本の購入45冊
子どもの課題解決支援をします読書感想文に役立つ本の購入14冊
古典の新しいシリーズの購入21冊
図書寄贈を推進します。
ポスターの掲示等により、利用者へ図書の寄贈を呼びかけます。
一般書の寄贈受入1,830冊
児童書の寄贈受入500冊

市民の学習活動・課題解決の支援
具体的取組指標実施状況評価
学習活動を支援するため時宜に適したテーマの図書展示を行います。展示回数一般12回・児童15回
市民の関心の高いテーマについての講座・講演会を開催し、課題解決支援につなげます。講座・講演会の開催回数講座1回(9月)
講演会2回(11月・12月)

人材育成の推進
具体的取組指標実施状況評価
「司書人材育成計画」等に基づき、司書の専門性向上と人材育成に係る研修等に積極的に参加します。資料選定研修や図書館協会実施の研修等への参加研修報告等を朝礼時に行い情報共有

重点項目3 誰もが利用しやすい図書館

市民の意見を反映した図書館運営
具体的取組指標実施状況評価
市民の声を泉図書館の運営に反映させるため「いいとこづくり委員会」を開催します。開催回数2回(6月・3月)

泉図書館独自目標
具体的取組指標実施状況評価
多文化サービスの展開として、外国語籍児童へのおはなし会を開催します。開催回数10回
2階排煙窓付近からの雨漏りの原因を調べます。自主調査の実施自主調査結果を踏まえ、建築局等の現地調査を行った。年度内の修繕実施。
図書館外灯に関する調査を行います。自主調査の実施自主調査結果を踏まえ、業者ヒアリングを実施。
現ビジネスホンシステムの不具合を把握します。機器更新に向けた取り組み自主調査結果を踏まえ、業者ヒアリングを実施。年度内の修繕実施。
マナー向上推進月間を設け、利用者マナーの向上を働きかけます。マナー向上推進月間の実施8月に1回実施
季節に合った館内装飾を行います。季節に合った館内装飾の実施回数(通年)10回実施
振り返り
図書館の目標振り返りについての総合図書館コメント
今年度の取組について泉区の読書活動を推進するため、福祉保健センター4か月児健診でのチラシの配布、同チラシで紹介した絵本の常置、および広報よこはま泉区版にコラム「子育てに本を」の掲載などを行いました。さらに、泉区制30周年を記念し、「BOOK福袋」、「読書マラソン」、「講演会(2回)」を開催しました。また、区内図書貸出施設との情報共有を進めるための会議を開催しました。
今後の課題について

区内図書貸出施設との情報共有により、各施設が図書の購入や管理について課題を抱えていることが判明しました。これらへの対応について検討します。
「おはなし会」の開催方法などを改善しました。ボランティアの積極的な活躍の場となるような環境の整備について検討します。


※取組の評価について
評価内容
目標とした、または期待した水準を上回る達成状況である
おおむね目標とした、または期待した水準レベルの達成状況である
目標とした、または期待した水準を下回る達成状況である

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館企画運営課

電話:045-262-7334

電話:045-262-7334

ファクス:045-262-0052

メールアドレス:ky-libkocho-k@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:325-239-353

先頭に戻る