このページの先頭です

令和2年度 第5回ヨコハマライブラリースクール 地理空間情報を用いてヒートアイランド現象を知る!【終了】

最終更新日 2021年2月24日

人と出会い、本と出会い、知識を深める「学び」を図書館から。ヨコハマライブラリースクール

開催情報

地理空間情報を用いることによって、ヒートアイランド現象がなぜ起きるのか、どうすれば防げるのかといったことを学ぶとともに、快適な都市が実現する方法を一緒に考えていきたいと思います。

日時

令和3年2月20日(土曜日)
午後2時から午後4時(開場午後1時30分)

会場

ウェブ会議ツール「Zoom(ズーム)」による遠隔実施
及び横浜市中央図書館5階第一会議室
(会議室では、Zoom画面の投影をします。講師は来館しません。Zoom画面には字幕を付ける予定です。)

定員

Zoom50名
会議室20名
(先着順)

講師

大西 暁生氏
(横浜市立大学データサイエンス学部教授)
2006年名古屋大学大学院環境学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。総合地球環境学研究所プロジェクト上級研究員。2008年名古屋大学大学院環境学研究科研究員。2010年富山県立大学工学部講師。水文水資源学会論文奨励賞。2013年東京都市大学環境学部准教授。2014年環境科学会論文賞。専門は土木環境システム・環境資源経済分析・アジアの環境問題。現在は低炭素・低物質型社会の構築、都市熱環境問題、災害廃棄物処理、水需給構造分析などの研究を中心に行っている。

共催

横浜市温暖化対策統括本部(ヨコハマ・エコ・スクール

新型コロナウィルス感染予防対策及びお願い

  • 新型コロナウィルスの感染状況、災害等により講座開催を中止・延期することがあります。
  • 講師はウェブ会議ツール「Zoom」により講演を行い、定員の一部(50名)をZoomによる遠隔参加とします。
  • 会議室での受講者は収容定員の半分以下(20名)で実施し、社会的距離を確保して座席配置を行います。
  • 空調設備・窓の一部開放などにより換気を行います。多くの人が触れる箇所を定期的に消毒します。
  • 会議室での受講者は当日、ご自宅で事前に検温を行い、37.5度以上の発熱、息苦しさ、強いだるさ、咳・咽頭痛などの症状がある場合やその他体調のすぐれない方は参加をお控えください。
  • 会議室での受講者は必ずマスクをご着用ください。また、咳エチケットや受講前後の手洗い・手指消毒にご協力をお願いします。
  • 会議室の職員はマスクを着用します。
  • 感染された方が図書館を利用したことが判明した場合に個別の連絡を希望する方は、「LINEコロナお知らせシステム」の登録または「連絡希望票兼情報提供同意書」で届け出をすることで、連絡を受けることができます。(任意)

「ヨコハマライブラリースクール」とは

「ヨコハマライブラリースクール」は、図書館で知を深めるための「人と本とともに学ぶ」総合講座です。
皆様の「学び」を多角的に支援するため、科学、技術、歴史、芸術など学術分野で最先端の研究成果を学ぶ「教養講座」、法律や経営など生活上の課題解決に役立つ知識を学ぶ「実用講座」の2シリーズを開講します。
現在募集中の講座や、「ヨコハマライブラリースクール」の詳細などは、「ヨコハマライブラリースクール」をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館調査資料課

電話:045-262-7336

電話:045-262-7336

ファクス:045-262-0054

メールアドレス:ky-libkocho-c@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:426-308-895

先頭に戻る