このページの先頭です

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として一部サービスに限定します。【4月3日更新】(横浜市立図書館)

最終更新日 2020年4月3日

【やさしいにほんご】 【English】
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、横浜市立図書館は一部サービスに限定します。
予約本の受取と、本の返却ができます。返却は窓口でも、返却ポストでもお返しいただけます。書架への立ち入りはできません。詳しくは下記をご覧ください。
最新情報は横浜市立図書館Twitter(外部サイト)でもお知らせします。

みなさまにはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

サービスを限定する期間、対象の図書館【4月3日更新】

期間:5月7日(木曜日)(予定)まで

令和2年3月2日(月曜日)から当面の間
※5月7日(木曜日)まで延長しました。状況により期間や内容が変更になる場合があります。
※4月20日(月曜日)、5月7日(木曜日)は施設点検のため全館休館です。予約資料の受取もできません。返却ポストは利用できます。

※地区センターと合築の図書館など、館によりサービスの休止状況が変更になる場合があります。
※移動図書館はまかぜ号の巡回日に変更はありません。はまかぜ号も予約資料の受け取りと図書の返却のみのサービスです。

横浜市の外出自粛の呼びかけ及び横浜市立図書館の対応について【4月3日更新】

サービス限定期間中の予約資料の受け取りについて

受取期限日が3月27日(金曜日)から5月7日(木曜日)に設定されている予約資料は、お知らせした受取期限日からさらに1週間、取り置きします

【例】受取期限日が3月27日(金曜日)の場合、4月3日(金曜日)まで取り置き

週末、無理に外出なさらずに、平日に分散してご来館ください。

サービス限定期間中の資料の返却について

3月27日(金曜日)から5月7日(木曜日)に返却期限を迎える利用者の方には、期間中、督促の措置はいたしません。

なお、インターネット(外部サイト)(蔵書検索ページ)や情報ダイヤル(045-262-0040)で、次の通り「貸出延長」の手続きができます。

  • その図書に予約が入っていない場合で、返却が遅れていないとき。
  • 返却期限前に手続きをした場合は、「手続きをした日」から2週間貸出期間を延長できます。
  • 返却期限を過ぎた場合は、超過した日数を2週間から引いた日数に限り貸出期間を延長することができます。
  • 2週間以上遅れた場合は貸出延長できません。

週末、無理に外出なさらずに、平日に分散してご来館ください。

サービスについて

ご利用になれるサービス

ご利用になれないサービス

  • 館内にある図書、雑誌、新聞、視聴覚資料の閲覧・貸出(書架への立ち入りはできません)
  • レファレンス
  • 利用者検索機、インターネット端末、コピー機の利用
  • 座席、学習室、会議室等の利用
  • 展示の観覧

地区センターで予約資料をお受け取りの方へ

3月3日(火曜日)から地区センター等が臨時休館します。
休館中の予約本の受取については「地区センターの休館にともなう図書取次サービスの停止について」をご覧ください。

行政サービスコーナーで予約資料をお受け取りの方へ

二俣川駅行政サービスコーナーと東戸塚駅行政サービスコーナーは通常通り、予約本の受取と、本の返却ができます。

図書館主催のイベントについて(4月末まで中止)

図書館主催の講座等のイベント・おはなし会は、4月末まで中止いたします。
参加を予定されていた皆さまには誠に申し訳ありません。
延期するイベントについては、日程が決まり次第改めてお知らせします。
大人向けのイベント
子ども向けのイベント

ご来館される方へのお願い

  • 横浜市立図書館では資料の消毒は行っていません。利用件数・蔵書冊数が膨大であり、紙の部分までの消毒が難しいためです。
  • 来館される前後に手洗い・うがいを徹底するなど、ご自分で予防策を取っていただくことをお願いします。
  • 来館の際には咳エチケットにご配慮いただくようお願いいたします。

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館企画運営課

電話:045-262-7334

電話:045-262-7334

ファクス:045-262-0052

メールアドレス:ky-libkocho-k@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:804-378-388

先頭に戻る