このページの先頭です

こどもの本 2005年1月

最終更新日 2019年1月29日

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月-9月 10月-11月 12月

タイトルをクリックすると、くわしいしょうかいへとびます

こどもの本 2005年1月
種類タイトル著者出版社
えほん

てつたくんのじどうしゃ

ほりうちせいいち福音館書店
えほん

こねこのチョコレート

B.K.ウイルソンこぐま社
えほん

つるのおんがえし

ながさわまさこ岩波書店
えほん

うちにあかちゃんがうまれるの

伊藤泰寛ポプラ社
物語

ふしぎの国のレイチェル

エミリー・ロッダあすなろ書房
物語

秘密の道をぬけて

ロニー・ショッターあすなろ書房
物語

夜のパパ

マリア・グリーペブッキング
物語

シャバヌ

スザンネ・ステーブルズポプラ社

<えほん> 幼児から
表紙画像資料情報・内容紹介

画像なし

てつたくんのじどうしゃ
ほりうちせいいち/え
わたなべしげお/さく
福音館書店
2004年11月発行
ページ数:27p
本体価格:743円
てつたくんが あるいていたらね、くるまがころころころって、ころがってきたんだって。あれあれって みていたら、ぱたんと ころんでとまっちゃった。くるまは ぜんぶで4つになった。そこへ ぼうが 2ほんあるいてきて、しんぼうになって ころころってころがりだしたよ。

●しょぞうじょうきょうを見る●(外部サイト)

<えほん> 幼児から
表紙画像資料情報・内容紹介

画像なし

こねこのチョコレート
B.K.ウィルソン/作
小林いづみ/訳
大社玲子/絵
こぐま社
2004年11月発行
ページ数:1冊(ページ付なし)
本体価格:1100円
ジェニーは 4さいの おんなのこ。あしたは おとうとの たんじょうびです。ジェニーは、 プレゼントに、こねこの かたちをした チョコレートを かいました。でも、そのばん、 ジェニーは チョコレートを たべたくなって しまったのです。さあ、どうしたでしょう。

●しょぞうじょうきょうを見る●(外部サイト)

<えほん> 幼児から
表紙画像資料情報・内容紹介

画像なし

つるのおんがえし
ながさわまさこ/絵
長谷川摂子/文
岩波書店
2004年10月発行
ページ数:1冊(ページ付なし)
本体価格:760円
あるひ おじいさんは わなにかかった つるを たすけました。そのよる ひとりのむすめが おじいさんたちのうちに やってきます。むすめがおるぬのは とてもうつくしいのですが、おっているすがたは けっして みてはならないと いうのでした。

●しょぞうじょうきょうを見る●(外部サイト)

<えほん> 小学校低学年から
表紙画像資料情報・内容紹介

画像なし

うちにあかちゃんがうまれるの
伊藤泰寛/写真
いとうえみこ/文
ポプラ社
2004年12月発行
ページ数:32p
本体価格:1200円
6さいの おんなのこ まなかのいえに あかちゃんがうまれることに なりました。あかちゃんが うまれるひ おかあさんは おふろのなかで あかちゃんを まっています。 かぞくが おかあさんを みつめます。そして あかちゃんは じぶんの ちからで うまれてきたのです。

●しょぞうじょうきょうを見る●(外部サイト)

<物語> 小学校中学年から
表紙画像資料情報・内容紹介

画像なし

ふしぎの国のレイチェル
エミリー・ロッダ/著
さくまゆみこ/訳
杉田比呂美/絵
あすなろ書房
2004年12月発行
ページ数:207p
本体価格:1300円
かぜをひいてねていたレイチェルは、目がさめたら知らない場所にいました。そこはブタが空を飛ぶ「ぶたあらし」の日には、信じられないことばかり起こるふしぎな世界だったのです。レイチェルは無事に帰ることができるのでしょうか。

●しょぞうじょうきょうを見る●(外部サイト)

<物語> 小学校高学年から
表紙画像資料情報・内容紹介

画像なし

秘密の道をぬけて
ロニー・ショッター/著
千葉茂樹/訳
中村悦子/画
あすなろ書房
2004年11月発行
ページ数:159p
本体価格:1300円
1850年のアメリカ。ある夜、アマンダの家に黒人の家族がやってくる。彼らは、カナダへ逃(に)げるとちゅうの奴隷(どれい)で、一家にはアマンダと同じ10才の少女ハンナがいた。アマンダも両親と共に彼らを逃がす手助けをする。

●しょぞうじょうきょうを見る●(外部サイト)

<物語> 中学生から
表紙画像資料情報・内容紹介

画像なし

夜のパパ
マリア・グリーペ/著
大久保貞子/訳
ブッキング
2004年8月発行
ペ-ジ数:214p
本体価格:1800円
パパがいないユリアには、ママが仕事でいない夜だけ留守番に来てくれる「夜のパパ」がいます。ふつうのパパたちとちがう「夜のパパ」は、石の本を書いているちょっと変わった人です。二人は自分たちの話をお互いに書きました。
続編「夜のパパとユリアのひみつ」もあります。

●しょぞうじょうきょうを見る●(外部サイト)

<物語> 中学生から
表紙画像資料情報・内容紹介

画像なし

シャバヌ 砂漠の風の娘
スザンネ・ステーブルズ/作
金原瑞人・築地誠子/共訳
ポプラ社
2004年12月発行
ページ数:343p
本体価格:1500円
12歳のシャバヌは、パキスタンのチョリスターン砂漠で、ラクダを放牧し暮らしている遊牧民だ。2つ上のお姉さんは結婚が決まっていた。そんなシャバヌ 一家に災難が・・・。自分の将来に目覚め始めたシャバヌの 気持ちが、読者の胸に迫る物語

●しょぞうじょうきょうを見る●(外部サイト)

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館調査資料課

電話:045-262-7336

電話:045-262-7336

ファクス:045-262-0054

メールアドレス:ky-libkocho-c@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:272-863-081

先頭に戻る