このページの先頭です

横浜探偵団 第7弾 昔のくらし

最終更新日 2021年3月31日

※ダウンロード版:横浜探偵団 第7弾 昔の暮らし(PDF:321KB)

みんなは、おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんやお母さんが子どもだったころのはなしをきいたことがありますか? 学校のことや、どんな遊びをしていたのか。家の中や町のようすはどんな風だったのか・・・。
ここ70年~80年の間に人々のくらしは、それより前にはみられなかったほど大きく変わったといわれています。
今のくらしは昔のくらしにくらべて、何がどう変わったのでしょうか。調べてみましょう。

まずは、どんな言葉を使って調べたらいいか、 “昔のくらし” につながる言葉、「キーワード」を考えてみましょう!
考えたキーワードを使って、けんさくきで図書館の本をさがしたり、インターネットやこの『横浜探偵団』にのっている本で調べてみましょう。
※調べるためのキーワード : 昔 くらし 昔+くらし 昔のくらし 昔+道具 昔の道具 ・・・
※けんさくき : 本をさがすためのきかいです。本の題名や、書いた人からさがせます。
※図書館のけんさくきで「昔のくらし」や「昔の道具」をキーワードにして調べると、あまりたくさんの本は見つからないかもしれません。そういう時は、見つかった本と同じラベルがはられた本を、調べてみましょう。ラベルの記号が「38」や「21」の本だなをさがしてみましょう。

昔のくらしを今と比べてみよう

シリーズで昔のくらしを紹介している本

「日本人の20世紀・くらしのうつりかわり」(全10巻)窪田愛子/著 宮田利幸/監修 小峰書店 2000年(ラベルの記号)21

  1. 着るもの(外部サイト)
  2. 食生活(外部サイト)
  3. 住まい(外部サイト)
  4. 家庭生活(外部サイト)
  5. 遊び(外部サイト)
  6. 交通(外部サイト)
  7. 通信(外部サイト)

「くらべてみよう!昭和のくらし」(全5巻)新田太郎/監修 学習研究社 2009年(ラベルの記号)38

  1. 家族(外部サイト)
  2. 学校・遊び(外部サイト)
  3. 生活(外部サイト)
  4. 社会(外部サイト)
  5. 流行(外部サイト)

「日本の生活100年の記録」(全7巻)佐藤能丸/監修 滝澤民夫/監修 ポプラ社 2000年

  1. 住まいとくらしの100年(外部サイト)
  2. 食生活の100年(外部サイト)
  3. こどもの生活の100年(外部サイト)
  4. 社会生活の100年(外部サイト)
  5. 乗り物と交通の100年(外部サイト)
  6. 産業の100年(外部サイト)
  7. 文化と流行の100年(外部サイト)

その他の昔のくらしを紹介している本

昔のくらし(外部サイト)』田中力/監修 ポプラ社 2005年(ラベルの記号)38
昭和のくらしがわかる事典(外部サイト)』造事務所/編集・構成 早川典子/監修 PHP研究所 2010年(ラベルの記号)38


昔の道具について調べる本

昔のくらしの道具事典(外部サイト)』小林克/監修 岩崎書店 2004年(ラベルの記号)38
昔の道具(外部サイト)』工藤員功/監修 ポプラ社 2011年(ラベルの記号)38
ちょっとむかしを探してみよう(外部サイト)』横浜市歴史博物館/編 横浜市歴史博物館 2000年(ラベルの記号)郷土21.9
「日本の生活道具百科 イラストで見るモノのうつりかわり」(全5巻)中林啓治/イラストレーション 岩井宏実/監修 河出書房新社 1998年(ラベルの記号)38

  1. 食べる道具(外部サイト)
  2. 住まう道具(外部サイト)
  3. 装う道具(外部サイト)
  4. 働く道具(外部サイト)
  5. 祈る道具・遊ぶ道具・索引(外部サイト)

昔の子どものくらしがわかる本

どの本も昭和30~40年代の子どもたちの生活を紹介しています。
昔の子どものくらし事典(外部サイト)』本間昇/監修 岩崎書店 2006年(ラベルの記号)38
母さんの小さかったとき(外部サイト)』越智登代子/文 ながたはるみ/絵 福音館書店 1988年(ラベルの記号)38
父さんの小さかったとき(外部サイト)』塩野米松/文 松岡達英/絵 福音館書店 1988年(ラベルの記号)38



大昔のくらしがわかる本

原始時代から現代までの衣食住を時代ごとに紹介しています。
衣食住の歴史(外部サイト)』西本豊弘/監修 ポプラ社 2006年(ラベルの記号)38


さがしている本が見つからなかったときには、図書館の人に聞いてみましょう。見たい本が本だなになくても、予やくすることができます。


博物館などで調べる

博物館や資料館に行くと、昔の道具などを見ることができます。
※開館時間や休館日は、変更される場合があります。出かける前に、電話やホームページで確認してください。
1.横浜市歴史博物館

  • 原始・古代から近現代までの横浜の歴史が学べます。
  • 所在地: 〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-18-1
  • 電話: 045-912-7777
  • 開館時間: 午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日: 月曜日(祝日の場合、翌日)、年末年始
  • 入館料: 小中学生100円

2.横浜市農村生活館 みその公園「横溝屋敷」
かつての古民家で、農村の生活を伝えています。

  • 所在地: 〒230-0073 横浜市鶴見区獅子ヶ谷3-10-2
  • 電話: 045-574-1987
  • 開館時間: 午前9時30分から午後4時30分まで
  • 休館日: 第1・3月曜日(祝日の場合、翌日)、年末年始
  • 入館料: 無料

3.横浜市八聖殿郷土資料館(外部サイト)
横浜市で使われていた農具・漁具を展示しています。

  • 所在地: 〒231-0822 横浜市中区本牧元町76-1
  • 電話: 045-622-2624
  • 開館時間: 午前9時30分から午後4時まで
  • 休館日: 第3水曜日(祝日の場合、翌日)、年末年始他
  • 入館料: 無料

4.昭和のくらし博物館 (外部サイト)
昭和26年建築の庶民住宅を、中の家財道具ごと保存し、公開しています。

  • 所在地: 〒146-0084 東京都大田区南久が原2-26-19 
  • 電話:03-3750-1808
  • 開館時間: 午前10時から午後5時まで
  • 休館日: 月曜日、9月上旬、年末年始
  • 入館料: 小中高生300円

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館サービス課

電話:045-262-0050

電話:045-262-0050

ファクス:045-231-8299

メールアドレス:ky-libkocho-s@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:393-974-054

先頭に戻る