このページの先頭です

横浜探偵団 第5弾 水道

最終更新日 2020年12月28日

※ダウンロード版:横浜探偵団 第5弾 水道(PDF:458KB)

わたしたちのくらしでは、いろいろなところで水道の水が使われています。
ふだんわたしたちがあたりまえのように使っている水道の水は、どこから、どのようにしてわたしたちの家まで来ているのでしょう。
また、使われた水はどこへいくのでしょう。水のたどる道を調(しら)べてみましょう。

まずは、どんな言葉を使って調べたらいいか、“水道”や“水”につながることば、つまり「キーワード」を考えてみよう!考えたキーワードを使って、けんさくきで図書館の本をさがしたり、インターネットでけんさくしたりしてみましょう。この『横浜探偵団』にのっている本も調べるとき役に立ちます。
※けんさくき:本をさがすためのきかいです。本の題名や、書いた人からさがせます。

はじめに

参考図書コーナーにある辞書や百科事典でキーワードを調べてみましょう。

『ポプラディア総合百科事典』秋山仁/[ほか]監修 ポプラ社 2011年(ラベルの記号)参考03

『世界大百科事典』平凡社 2005年(ラベルの記号)参考03

くらしの中の水

家庭や学校のほかに工業や農業など、毎日のくらしの中で使われる水について調べることができます。

みんなの命と生活をささえる インフラってなに? 1 水道(外部サイト)

こどもくらぶ/編 筑摩書房 2017年(ラベルの記号)51

水の大研究 人と地球の生命のみなもと 不思議な世界をのぞいてみよう!(外部サイト)

橋本淳司/著 加藤マカロン/絵 PHP研究所 2005年(ラベルの記号)51.8

『和の文化を発見する水とくらす日本のわざ』全3巻 中庭光彦/監修 汐文社 2019年(ラベルの記号)51

水はどこからくるの?

水源や浄水場のしくみがわかります。

はまピョン水の旅(外部サイト)』横浜市水道局総務課/〔編〕 横浜市水道局総務課 2020年(ラベルの記号)郷土51.8

浄水場・下水処理場図鑑(外部サイト)』梅澤真一/監修 金の星社 2018年(ラベルの記号)51.8

水はどこから来るのか?水道・下水道のひみつをさぐろう(外部サイト)

高堂彰二/監修 PHP研究所 2018年(ラベルの記号)51.8

使った水はどうするの?

使ったあとの水はどのように川や海に流れていくのかがわかります。

よこはまの川と下水道(外部サイト)』横浜市下水道局河川管理課/〔編〕 2005年(ラベルの記号)郷土51.8

下水道のひみつ(外部サイト)』ひろゆうこ/漫画 YHB編集企画/構成

学研プラス出版プラス事業部出版コミュニケーション室 2016年(ラベルの記号)51.8

みんなの命生活をささえるインフラってなに? 2 下水(外部サイト)』こどもくらぶ/編 筑摩書房(ラベルの記号)51

大きな写真と絵でみる地下のひみつ 2 上下水道・電気・ガス・通信網(外部サイト)

こどもくらぶ/編 土木学会地下空間研究委員会/監修 あすなろ書房(ラベルの記号)51

きれいな水を守るために

水源となる川の環境やきれいな水を守るための取り組みについて書いてあります。

私たちの水道の未来(外部サイト)

横浜市水道局経営企画課/〔編〕 横浜市水道局経営企画課 2018年(ラベルの記号)郷土51.8

水をまもる(外部サイト)』ジュード・ウェルトン/著 ほるぷ出版 2006年(ラベルの記号)51

100年後の水を守る 水ジャーナリストの20年(外部サイト)』橋本淳司/著 文研出版 2015年(ラベルの記号)51

調べようごみと資源 6 水道・下水道・海のごみ(外部サイト)

松藤敏彦/監修 大角修/文 小峰書店 2017年(ラベルの記号)51.8

わたしたちの地球環境と天然資源 環境学習に役立つ! 1 水(外部サイト)

本間愼/監修 こどもくらぶ/編 新日本出版社 2018年(ラベルの記号)51.9

水道のはじまり

みんなが使っている水道が日本で初めてたんじょうしたのは、ここ横浜でした。

1887年にイギリス人のヘンリー・スペンサー・パーマーさんが日本で初めての近代水道を完成させました。

技術軍人として香港で働いていたパーマーさんは、イギリスへ帰るとちゅう日本に立ちよったときに、横浜の水道計画を神奈川県からたのまれました。

パーマーさんは、水源はどこがよいか、水のきれいさや量を調べました。2年6か月をかけて工事をして、ろ過をしてきれいになった水を鉄の水道管で、圧力をかけて、じゃ口まで届ける近代水道がたんじょうしたのです。

【参考資料】

おやとい外国人とよばれた人たち 異国にささげた技術と情熱(外部サイト)

加古里子/画・構成 緒方英樹/文・編集 高橋裕/監修 全国建設研修センター 1998年(ラベルの記号)郷土51

インターネットで調べる

本やざっしよりも新しい情報がのっていることがあるから、見てみよう。

  1. 横浜市 道志村との友好交流
  2. 神奈川県企業庁 キッズページ(外部サイト)
  3. 東京都水道局 キッズコーナー(外部サイト)

※インターネットで他のページを調べるときは、だれが書いたかわからないこともあるので、気をつけてください。

施設に行って調べる

横浜水道記念館

  • 所在地:〒240-0045 横浜市保土ケ谷区川島町522
  • 電話番号:045-371-1621
  • 開館時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日:4月から8月は第1月曜日(祝日にあたる日はその翌日)、9月から3月は毎週月曜日(祝日にあたる日はその翌日)祝日の翌日(土・日にあたる日を除く)、年末年始(12月28日から1月4日まで)
  • 入館料:無料

浄水場などの見学

  • 西谷浄水場(保土ケ谷区川島町)
  • 川井浄水場(旭区上川井町)
  • 小雀浄水場(戸塚区小雀町)
  • 青山水源事務所(相模原市緑区青山)
  • 水質検査室(保土ケ谷区川島町)

※横浜水道記念館で説明が聞きたいときと、浄水場に見学に行きたいときは、「水道局お客さまサービスセンター」へ申し込んでください。「水道局お客さまサービスセンター」の電話番号:045-847-6262

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館サービス課

電話:045-262-0050

電話:045-262-0050

ファクス:045-231-8299

メールアドレス:ky-libkocho-s@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:998-226-698

先頭に戻る