このページの先頭です

横浜探偵団 第22弾 開港

最終更新日 2021年3月3日

※ダウンロード版:横浜探偵団 第22弾 開港(PDF:331KB)


6月2日は横浜開港記念日です。2019年には開港160周年を迎えました。
開港によって、たくさんの船が外国からやってきて、いろいろなものが輸入されるようになりました。横浜は大きく発展し、今では日本三大貿易港のひとつといわれる「みなとまち」です。
身近な港の役割や横浜港の歴史などを調べてみましょう。


「なぜ?」と思うことや知りたいことがあるときは、まず、どんな言葉を使って調べたらいいか、つまり「キーワード」を考えてみましょう。考えたキーワードを使って、インターネットや「けんさくき」、この『横浜探偵団』にのっている本で調べます。
※けんさくき:本をさがすためのきかいです。本の題名や書いた人からでもさがせます。
※さがしている本が見つからなかったときには、図書館の人に聞いてみましょう。見たい本が本だなになくても、予やくすることができます。


日本の港や輸出・輸入について最新の情報が知りたいときは!

朝日ジュニア学習年鑑 2020(外部サイト)』朝日新聞出版 2020年(ラベルの記号)参考05


そもそも・・・港って何?貿易って何?

港について

港のひみつ(外部サイト)』たまだまさお/漫画 Willこども知育研究所/構成・文
学研プラス次世代教育創造事業部学びソリューション事業室 2018年(ラベルの記号)68
探検!世界の港 役割や海外とのつながりをさぐろう(外部サイト)』PHP研究所/編 PHP研究所 2017年(ラベルの記号)68
絵で見る あの港の歴史(外部サイト)
スティーブ・ヌーン/絵 アン・ミラード/文 松沢あさか/訳 さ・え・ら書房 2006年(ラベルの記号)23


貿易について

よくわかる貿易 輸出入の役割からTPPの基本まで(外部サイト)』泉美智子/監修 PHP研究所 2016年(ラベルの記号)67
データと地図で見る日本の産業 6 貿易・運輸(外部サイト)』ポプラ社年 2014年(ラベルの記号)60
くらしをまもる・くらしをささえる 校外学習 16 港・船(外部サイト)』岩崎書店 2001年(ラベルの記号)55
国際理解に役立つわたしたちのくらしと世界の産業 3 わたしたちの住まいと輸出入(外部サイト)
飯島博/著 清成忠男/監修 志太勤一/監修 ポプラ社 2001年(ラベルの記号)書庫
※「データと地図で見る日本の産業」シリーズは全7巻です。
※「くらしをまもる・くらしをささえる 校外学習」シリーズは全20巻です。
※「国際理解に役立つわたしたちのくらしと世界の産業」シリーズは全8巻です。


横浜港の歴史を知りたい!

横浜市の130年 写真が語る(外部サイト)
いき出版/企画・制作 しなのき書房/編 いき出版 2019年(ラベルの記号)郷土21.9
横浜今昔散歩 彩色絵はがき・古地図から眺める(外部サイト)』原島広至/著 KADOKAWA 2014年(ラベルの記号)郷土21.9
神奈川県の歴史 写真と図解でわかる!(外部サイト)』横浜歴史研究会/監修 メイツ出版 2013年(ラベルの記号)郷土21.9
横浜大桟橋物語(外部サイト)』客船とみなと遺産の会/編 JTBパブリッシング 2004年(ラベルの記号)郷土21.9
図説・横浜の歴史(外部サイト)
「図説・横浜の歴史」編集委員会/編 横浜市市民局市民情報室広報センター 1989年(ラベルの記号)郷土21.9
ある都市のれきし 横浜・330年(外部サイト)』(たくさんのふしぎ傑作選)
北沢猛/文 内山正/絵 福音館書店 1992年(ラベルの記号)郷土21.9
人物や文化遺産で読み解く日本の歴史 6 伊藤博文・横浜港・文明開化(外部サイト)
千葉昇/監修・指導 あかね書房 2010年(ラベルの記号)郷土21


港ではたらく人・船

よくわかる海上保安庁 しくみは?どんな仕事をしているの?(外部サイト)
海上保安協会/監修 PHP研究所 2018年(ラベルの記号)55
貨物船のはなし(外部サイト)』柳原良平/作 福音館書店 2017年(ラベルの記号)55
はたらく船大図鑑 3 調査する船(外部サイト)』池田良穂/監修 汐文社 2016年(ラベルの記号)55
船員さんのひみつ(外部サイト)
橘悠紀/構成 おがたたかはる/漫画 学研プラス出版プラス事業部出版コミュニケーション室 2016年(ラベルの記号)68
見学しよう工場現場 6 港(外部サイト)』溝渕利明/監修 ほるぷ出版 2012年(ラベルの記号)51
税関の仕事(外部サイト)』〔横浜税関/編〕〔横浜税関〕2009年(ラベルの記号)67


インターネットで調べる

本や雑誌よりも新しい情報のっていることが多いです間違った情報もあるので気をつけましょう。

  1. 横浜市 横浜の港
    横浜港の歴史はもちろん、横浜へやってくる客船や入港時間なども紹介されています。実際に港へ行って見ましょう。
  2. 海上保安庁 キッズページ(外部サイト)
    海上保安庁の仕事や、海をパトロールする船・飛行機が紹介されています。
  3. 大さん橋(外部サイト)
    「大さん橋」Webカメラで今の港の様子をのぞいてみましょう。
  4. 東京税関 キッズサイト(外部サイト)
    税関の仕事や貿易のルールなどを学ぶことができます。パズルやクイズ、ペーパークラフトもあります。

しせつに行って調べる

横浜市には横浜の歴史や港について学べる博物館・科学館がたくさんあります。その一部を紹介います。
横浜みなと博物館(外部サイト)

  • 所在地:西区みなとみらい2-1-1
  • 電話番号:045-221-0280
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • お休み:月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
  • 入館料:小・中・高校生 200円

海上保安資料館 横浜館(外部サイト)

  • 所在地:横浜海上防災基地(中区新港1-2-1)
  • 電話番号:045-662-1185
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • お休み:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  • 入館料:無料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館サービス課

電話:045-262-0050

電話:045-262-0050

ファクス:045-231-8299

メールアドレス:ky-libkocho-s@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:985-072-249

先頭に戻る