このページの先頭です

横浜探偵団 第2弾 横浜の歴史

最終更新日 2020年12月28日

※ダウンロード版: 横浜探偵団 第2弾 横浜の歴史(PDF:200KB)

横浜の町は、どのようにしてつくられたの?

もくじ

1859(安政6)年に、それまで小さな村だった横浜村に港が開かれたことから、横浜の発展が始まりました。外国との貿易のために町がつくられ始め、1889(明治22)年には人口12万人の「横浜市」になりました。そして大正時代のころには横浜はとてもにぎやかな町になりましたが、1923(大正12)年の関東大震災、1945(昭和20)年の横浜大空襲により、大きな被害を受けました。しかし、その後も町はつくりなおされ、発展を続けてきました。横浜はどんな歴史を歩んできたのか、どんな人たちが活やくしてきたのか、調べてみましょう。

まずは、どんな言葉を使って調べたらいいか、“横浜” と“歴史” 、または“開港” や“関東大震災” などのような、横浜の歴史につながることば、つまり 「キーワード」 を考えてみよう ! 考えたキーワードを使って、この 『横浜探偵団』 にのっている本をはじめ、けんさくきやインターネットで調べます。
※けんさくき : 本をさがすためのきかいです。本の題名や、書いた人からさがせます。

その1:ちょっと知りたい!

まずは、江戸時代から現代までの大まかな横浜の歴史を調べてみよう。
どれもわかりやすくて読みやすい本です。

江戸時代から現代までの横浜の歴史の本
本の題名書いた人出版社出版年
横浜のあゆみ(外部サイト)「こども歴史講座」
テキスト編集委員会/編
横浜開港資料館1986
ある都市のれきし 横浜・330年(外部サイト)北沢猛/文
内山正/絵
福音館書店1986
ヨコハマ・ストーリー アジアの港の物語(外部サイト)斎藤憐/文
川村康一/[ほか]画
リブロポート1989
えほん 横浜の歴史(外部サイト)本間昇/文
黒須高嶺/絵
岩崎書店2009

その2:もっと調べてみよう!

大昔の横浜はどんなだったんだろう?横浜に港ができたころの日本の様子は
どうだったのだろう?横浜の歴史をもっとくわしく知るための本をしょうかいします。

〈大昔のよこはま〉横浜にある縄文時代、弥生時代、古墳時代の遺跡がわかる本
本の題名書いた人出版社出版年
たのしい考古学(外部サイト)横浜市歴史博物館/編横浜市歴史博物館2002
大むかしのよこはま歴史年表(外部サイト)横浜市三殿台
考古館/編
横浜市教育委員会
文化財課
1989
〈港ができたころの横浜〉当時の横浜の様子や、西洋から横浜に伝わったもののことがわかる本
本の題名書いた人出版社出版年
横浜の歴史あれこれQ&A 近代編(外部サイト)横浜開港資料館/編横浜開港資料館1998
横浜はじめて物語ヨコハマを読む、日本が見える(外部サイト)阿佐美茂樹/著三交社1988
〈横浜に港ができたころの日本〉当時の日本の様子がわかる本
本の題名書いた人出版社出版年
人物・遺産でさぐる日本の歴史 11黒船来航と倒幕への動き(外部サイト)古川清行/著小峰書店1998
世界と出会う日本の歴史 4(幕末~明治)イギリスから伝わったカレーライス(外部サイト)歴史教育者協議会/編ほるぷ出版1999
世界と日本の歴史 8アジアの風雲(外部サイト)大江一道/〔ほか〕編大月書店1988
日本の歴史 4幕末~昭和時代(前期)(外部サイト)情報なしポプラ社2009
〈人物〉横浜の発展を支えた人たちのことがわかる本
本の題名書いた人出版社出版年
おやとい外国人とよばれた人たち(外部サイト)加古里子/画・構成
緒方英樹/文・編集
高橋裕/監修
全国建設研修センター1998
神奈川の人物ものがたり(外部サイト)神奈川県小学校社会科研究会/編著日本標準1990

その3:もっともっと知りたい ! !

もっともっとくわしく知りたい時代や事がらが決まったら、次の本で調べてみよう。

もっとくわしく調べられる本
本の題名書いた人出版社出版年
わかるヨコハマ 自然・歴史・社会(外部サイト)横浜市教育委員会/編
かながわ検定協議会/編
神奈川新聞社2009
図説・横浜の歴史(外部サイト)「図説・横浜の歴史」編集委員会/編横浜市市民局市民情報室広報センター1989

郷土資料コーナーへ行ってみよう !

郷土(きょうど)資料コーナーには、横浜や神奈川県の歴史や地理について書かれた本がたくさんあります。

本のせなかに <郷土> のシールがはってあります。

けんさくきで調べたときに、場所が <郷土> と書いてあったら郷土資料コーナーの本です。

(タッチパネルのけんさくきでは、レシートをいんさつして本の場所をかくにんしましょう。)

さがしている本が見つからなかったときには、図書館の人に聞いてみましょう。見たい本が本だなになくても、予やくすることができます。
( 予やくを申しこむときには、「書誌番号」を使います。 )

その4:視聴覚(しちょうかく)資料で調べる。

DVDやビデオ、CDで、動く様子や音を調べることができます。

横浜について調べられるDVDやビデオ、CD
題名作ったところ
ヨコハマのれきし黒船から関東大震災まで(外部サイト)横浜開港資料館
横浜の歴史をたずねて(外部サイト)横浜市ふるさと歴史財団
映像で綴る横浜の歴史横浜開港150周年記念事業(外部サイト)横浜市ケーブルテレビ協議会

中央図書館地下1階の「音楽・映像ライブラリー」では、DVDやビデオ、CDなどを見たり聞いたりすることができます。地下1階のカウンターでもうしこんでください。
( DVDやビデオの利用を申しこむときには、「資料番号」を使います。 )

その5:インターネットで調べる。

本や雑誌よりも、新しい情報がのっていることがありますが、正しい情報でない場合もあるので、気をつけてください。

(URLをクリックすると、それぞれのサイトへつながります。)

  1. 横浜港の歴史(横浜市港湾局)
  2. 「横浜市立図書館デジタルアーカイブ 都市横浜の記憶」

その6:博物館などで調べる。

博物館や資料館に行くと、昔の物や絵図を見学することができます。

1.横浜市歴史博物館

所在地: 〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-18-1

電話番号: 045-912-7777

開館時間: 午前9時から午後5時まで (入館は午後4時30分まで)

休館日: 月曜日、年末年始

入館料: 小中高生100円

ホームページ:横浜市歴史博物館

2.横浜開港資料館

所在地: 〒231-0021 横浜市中区日本大通3

電話番号: 045-201-2100

開館時間: 午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日: 月曜日、年末年始、資料整理日

入館料: 小中学生100円

ホームページ:横浜開港資料館

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館サービス課

電話:045-262-0050

電話:045-262-0050

ファクス:045-231-8299

メールアドレス:ky-libkocho-s@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:152-603-080

先頭に戻る