このページの先頭です

令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金について

最終更新日 2020年7月6日

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援するため、児童手当の受給者を対象に臨時特別給付金を支給します。

支給対象者

令和2年4月分(3月分を含む)の児童手当の受給者
※特例給付の受給者(児童手当の所得制限を超過し、児童1人あたり月額5,000円を受給している受給者)は本給付金の対象外です。
※令和2年4月分(又は3月分)の児童手当の支給を受ける方が、本給付金の支給が決定されるまでの間に亡くなられた場合は、その方に代わって翌月分から児童手当の支給を受けることになった方等に対して支給します。
※令和2年4月分の児童手当の支給を受けていない方でも、DV被害により児童とともに避難されている方については、本給付金の支給を受けることができる場合があります。詳細は下記まで問い合わせてください。

支給対象児童

平成16年4月2日から令和2年3月31日までに生まれた児童
(令和2年4月で新高校1年生になっている児童も対象です)
※児童養護施設等へ入所中の児童については、児童養護施設等に別途支給することとなります。

支給額

支給額は、対象児童1人当たり10,000円です。

振込日

令和2年6月15日以降順次
※ 振込日は振込前に送付する振込通知書(児童手当分とは別に発送しています)によりご確認ください。

申請について

支給を受けるに当たって、原則、申請は不要です。
※公務員として職場から児童手当を受給している方は申請が必要です。下記を参照してください。


公務員として職場から児童手当を受給している方

所属庁より配布される申請書に、所属庁から児童手当の受給証明を受け、令和2年3月31日(または2月29日)時点で住民票のある市町村へ申請をしてください。申請期限等の詳細は該当の市町村へお問合せ下さい。
横浜市に住民票のある方は、下記のとおりです。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、申請は郵送でのみ受付けております。
受付期間:令和2年7月1日~令和2年11月2日
申請書送付先 :〒231-8771
振込日 令和2年8月15日以降順次 
※振込前に送付する振込通知書によりご確認ください。
横浜市こども青少年局こども家庭課手当給付係
子育て世帯への臨時特別給付金担当
(郵便番号と宛名だけで届きます。)

振込先について

○ 令和2年4月分(又は3月分)の児童手当の支給に当たって指定していた口座等に支給を行います。

○ 監護する児童が15歳に達する日以後の最初の3月31日を経過したこと又は死亡したことにより、令和2年4月分の児童手当の支給を受けない方で、児童手当の支給に当たって指定していた口座を解約等しており、本給付金の支給に支障が生じる恐れがある場合に限り、「支給口座登録等の届出書」に必要事項を記載の上、本給付金の支給先口座の届出をしてください。※「支給口座登録等の届出書」が必要な方は下記問い合わせ先までご連絡ください。
※ご提出いただいた時点で、本給付金の支給手続きを既に終えていた場合、口座を変更することはできません。振込がエラーになった際に、別途ご連絡いたします。

支給の辞退について

支給を受けることを辞退する場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。
※ご連絡いただいた時点で、本給付金の支給手続きを既に終えていた場合、辞退することはできません。

その他

○ 支給対象者に対し、令和2年3月31日時点において横浜市が把握する児童手当振込時における指定口座(支給前までに指定口座の変更を届け出ている場合は、当該届出をした指定口座)に本給付金の支給を行う手続を行ったにもかかわらず、令和2年12月末日までに指定口座への振込が口座解約・変更等によりできない場合は、本給付金は支給されません。
○ DV被害によりお子さんとともに避難されている方等へ、本給付金を支給する場合、他方の配偶者等は支給を受けられません。
○ 本給付金の支給を受けた後に支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により本給付金の支給を受けた場合は、支給した給付金の返還を求めます。

このページへのお問合せ

横浜市こども青少年局こども家庭課手当給付係

電話:045-641-8411

電話:045-641-8411

ファクス:045-641-8412

前のページに戻る

ページID:347-106-265

先頭に戻る