このページの先頭です

産婦健康診査費用の補助を開始します!

最終更新日 2019年10月9日

マタニティーマーク妊婦健康診査・産婦健康診査を受診しましょう!!

平成30年4月1日から市外の契約医療機関でも産婦健康診査の補助券が利用できます!(PDF:3,770KB)

産婦健康診査事業の市外契約医療機関一覧はこちら(エクセル:117KB)
※令和元年度10月7日までに確認がとれた医療機関の一覧です。一覧は随時更新します。

産婦健診のアンケート用紙の様式のダウンロード(PDF:261KB)

〔妊婦健診補助券のご利用について〕

横浜市では、母子健康手帳をお渡しする時に、妊婦健康診査費用を補助するため、14枚の補助券をお渡ししています。

基本的な妊婦健診と健診にともなう自費の検査の費用について補助をします。(検査のみの受診や、保険適用の検査は補助対象にはなりません。)

妊婦健康診査健康診査費用補助券の有効期限は、母子健康手帳を受け取った時点から出産前までです。

妊娠がわかったらお早めにお住まいの区福祉保健センターへ母子健康手帳を取りに行きましょう!!!

【ご注意】
住民票を市外に移された方は、その日以降の受診について補助券を利用したり、健診費用の助成を受けることはできません。

1 補助券が利用できる医療機関等
(1)横浜市医師会加入の妊婦健診実施医療機関
(2)横浜市と契約している市外妊婦健診実施医療機関
(3)横浜市と契約している助産所(分娩を取り扱い医療法を満たす助産所であること)
(ご利用になる助産所の嘱託医療機関・嘱託医師との契約や、医療機関との連携など、妊婦さんご自身でもご確認お願いします。)
契約助産所についてはこども家庭課にお問い合わせください。
参考「特にリスクのない妊婦にも勧められる検査種類とその実施時期(PDF:62KB)

※横浜市と契約をしていない医療機関等の窓口ではご利用になれません。
⇒【補助券が利用できなかった場合】をご覧ください。

2 妊婦健診補助券の利用方法
(1)母子健康手帳を受け取った時点から出産前までの妊婦健康診査で、健診1回につき補助券1枚ご利用いただけます。
(2)補助券の使用順に決まりはありませんので、妊娠の経過のより主治医とご相談の上、ご利用ください。
(助産所では4,700円券のみご利用になれます。)
(3)健診費用総額から補助券の金額が差し引かれ、差額は自己負担となりますのでご了承ください。

※健診費用が補助券の金額を下回る場合は医療機関等の窓口ではご利用になれません。
⇒【補助券が利用できなかった場合】をご覧ください。

※妊婦健診受診の際に、補助券が利用できなかった場合は、
必ず領収書を受け取り、領収書と使わなかった補助券の保管をお願いします。

↓ ↓ ↓

〔妊婦健診の補助券がご利用できなかった場合〕
健診費用の助成を行います。下記の書類を提出先に郵送してください。

□妊婦健康診査費用助成申請書
□妊婦健診の領収書のコピー
※手元に明細書も残っている場合は、明細書のコピーも併せてご提出ください。明細書のみでは申請できませんのでご注意ください。
□未使用の妊婦健診補助券
□母子健康手帳のコピー(「表紙」及び「妊娠中の経過」)
□振込先のわかるもののコピー 
※振込先金融機関名・口座番号・口座名義人が分かるもの

1 妊婦健康診査費用 助成申請書(PDF:193KB)
用紙はこちらからもダウンロードできます。
両面印刷してご利用ください。

2 助成申請書記入見本(PDF:208KB)
記入の際はこちらをご参考にしてください。

3 申請期限
出産から1年以内(お子さんの1歳の誕生日の前日まで)

4 提出先
〒231-0017 横浜市中区港町1-1

横浜市こども青少年局こども家庭課
妊婦健診担当 行

(妊婦健診助成申請書在中) ←朱書お願いします。

 申請から振込まで2か月程度かかりますのでご了承ください。
(書類の不足・不備等があった場合はさらにお時間がかかることもあります。)

 提出いただいた書類は返却しませんのでご注意ください。

5 申請にあたっての注意

(1)横浜市と契約をしていない助産所での妊婦健診は、対象となりません。(契約助産所については、こども家庭課にお問い合わせください。)
(2)助成対象となる費用は、補助券を利用しなかった健診の自己負担額です。補助券を利用した際にお支払いになった費用は対象にはなりません。
(3)補助券を全部利用した後の健診については、助成の対象になりません。(申請に際しては、残りの補助券を添付していただく必要があります。)
(4)母子健康手帳交付前の健診及び産後健診は、助成の対象にはなりません。
(5)海外の医療機関を受診された場合は、その費用は助成の対象にはなりません。
(6)検査のみの場合などで、妊婦健診費用のご負担がない場合があります。その場合は、費用助成の対象とはなりません。

6 Q&A よくある質問(PDF:93KB) 

               

横浜市内妊婦健康診査実施医療機関
あなたの町のお医者さん (外部サイト)← 横浜市医師会のホームページへジャンプします。

関連リンク

すこやかな妊娠と出産のために(厚生労働省)(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

こども青少年局こども福祉保健部こども家庭課

電話:045-671-2455

電話:045-671-2455

ファクス:045-681-0925

メールアドレス:kd-kokatei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:498-312-360

先頭に戻る