このページの先頭です

令和4年度 横浜市低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の申請手続きについて

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、食費等の物価高騰等の影響を受けている低所得のひとり親世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)を支給します。

最終更新日 2022年6月30日

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の手続きは以下のとおりです。

支給要件確認フローチャート

フローチャート(PDF:250KB)を参考に、どの支給要件に該当するかご確認ください。

支給対象者区分ごとの申請書類等一覧

以下に示す書類を含め、申請に必要な書類についてはこちらからご確認ください。

①令和4年4月分の児童扶養手当受給者
申請・申立 適用 様式
申請は不要です。

②公的年金給付等受給者
申請・申立等 適用 様式
申請書 申請に必要です。 申請書(PDF:166KB)
収入申立書(本人・父母) 申請者本人(父母)用の収入に関する申立書です。 申立書(PDF:167KB)
収入申立書(本人・養育者) 申請者本人(養育者)用の収入に関する申立書です。 申立書(PDF:192KB)
収入申立書(扶養義務者) 申請者の生活を経済的に支えている扶養義務者がいる場合に、ご提出ください。 申立書(PDF:192KB)
収入(見込)額申立書別紙 収入を証する書類を添付できない場合に、ご提出ください。 申立書(PDF:97KB)
所得申立書

収入が基準額を上回っている場合は、所得による申し立てもご検討ください。
所得による申し立てをされる場合は、必ず収入申立書と一緒に提出してください。

申立書(PDF:212KB)
所得(見込)額申立書別紙 控除額を証する書類を添付できない場合に、ご提出ください。 申立書(PDF:95KB)

※その他の必要書類
・住民票(既に児童扶養手当の認定を受けている方は不要)
・児童扶養手当受給資格申立書(既に児童扶養手当の認定を受けている方は不要)
・収入を証する書類(収入がある場合)
・所得を証する書類(所得による申し立てをする場合)

申請書および申立書記入例(PDF:644KB)

③家計急変者
申請・申立等 適用 様式
申請書 申請に必要です。 申請書(PDF:164KB)
収入見込額申立書(本人・父母) 申請者本人(父母)用の収入の見込みに関する申立書です。 申立書(PDF:314KB)
収入見込額申立書(本人・養育者) 申請者本人(養育者)用の収入の見込みに関する申立書です。 申立書(PDF:218KB)
収入見込額申立書(扶養義務者) 申請者の生活を経済的に支えている扶養義務者がいる場合に、ご提出ください。 申立書(PDF:193KB)
収入(見込)額申立書別紙 収入を証する書類を添付できない場合に、ご提出ください。 申立書(PDF:97KB)
所得見込額申立書

収入見込みが基準額を上回っている場合は、所得見込みによる申し立てもご検討ください。

所得見込みによる申し立てをされる場合は、必ず収入見込額申立書と一緒に提出してください。
申立書(PDF:193KB)
所得(見込)額申立書別紙 控除額を証する書類を添付できない場合に、ご提出ください。 申立書(PDF:95KB)

※その他の必要書類
・住民票(既に児童扶養手当の認定を受けている方は不要)
・児童扶養手当受給資格申立書(既に児童扶養手当の認定を受けている方は不要)
・収入を証する書類(収入がある場合)
・所得を証する書類(所得による申し立てをする場合)

申請書および申立書記入例(PDF:712KB)

児童扶養手当の支給要件に係る申立書

支給要件ごとの申立書
申請・申立等 適用 様式
児童扶養手当受給資格申立書

父母が婚姻(法律婚)を解消した児童を監護している場合

父母が婚姻(事実婚)を解消した児童を監護している場合

父または母が死亡した児童を監護している場合
父または母が障害の状態にある児童を監護している場合
父または母の生死が明らかでない児童を監護している場合
父または母が引き続き1年以上遺棄している児童を監護している場合
父または母が配偶者暴力防止法による保護命令を受けた児童を監護している場合
父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童を監護している場合
母が婚姻によらないで懐胎した児童を監護している場合

申立書(PDF:165KB)

別居監護申立書

別居している児童を監護している場合

申立書(PDF:180KB)
受給に係る申立書(令和4年4月以降に認定を受けた児童扶養手当受給者用) 令和4年4月以降に児童扶養手当の認定を受け、令和4年5月分以降の児童扶養手当の受給資格者となったことを申し立てる際にご利用ください。 申立書(PDF:102KB)
受給に係る申立書 自由記述式になっています。他の申立書では状況を申告しきれない場合にご利用ください。 申立書(PDF:108KB)

※一部の申立書では申立内容を確認するための書類の添付が必要になります。詳しくは、必要書類一覧(PDF:315KB)をご確認ください。
申立書記入例(PDF:228KB)

その他の手続きをご希望の方

以下の手続きをご希望の方は、「横浜市子育て世帯生活支援特別給付金コールセンター」にまでお申し出ください。
・給付金の受給口座を変更したい方
・給付金の受給を拒否したい方
・給付金を口座振込で受け取れない方

書類の送付先等について

申請が必要な手続きについては、申請書をはじめとする必要書類を以下まで郵送してください。
申請は郵送のみで承っています。区役所の窓口では受け取ることができませんので、ご注意ください。

申請書の提出先

〒231-8771
横浜市こども青少年局こども家庭課 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)担当 宛
※住所の記載は不要です。
※「令和3年度 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金」を申請した方には、令和4年7月上旬から順次申請書等と返信用封筒(切手不要)を同封したご案内をお送りします。
※下記、「横浜市子育て世帯生活支援特別給付金コールセンター」に電話でご請求いただければ、申請書等と返信用封筒(切手不要)を同封してお送りします。

横浜市子育て世帯生活支援特別給付金コールセンター

(TEL) 0120-567-390(フリーダイヤル)
(FAX) 045-641-8412
受付時間:午前9時から午後5時まで(月曜日から金曜日(祝休日および年末年始を除く))

申請締切日

令和5年2月28日(火曜日)《必着》
※消印有効ではなく、締切日までに必着となります。

注意事項

※申請締切日までに申請がなされない場合、又は口座相違などで、本市から確認を行っても指定口座に令和5年3月31日(金曜日)までに振り込みができない場合には、支給できませんので予めご了承ください。
※給付金を支給後、遡って児童扶養手当の受給資格を喪失した、児童扶養手当の支給が全部支給停止になったなどが確認できた場合には、給付金をご返金いただきますので、予めご了承ください。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

横浜市こども青少年局こども家庭課 令和4年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金担当

電話:0120-567-390

電話:0120-567-390

ファクス:045-641-8412

前のページに戻る

ページID:683-385-940

先頭に戻る