このページの先頭です

啓発協力企業・団体のご紹介

最終更新日 2019年3月6日

平成26年11月に「横浜市子供を虐待から守る条例」が施行されました。

条例では、地域の皆さんの役割として、子どもや保護者に声かけを行い、孤立することのないように地域で見守るように努めてほしいとしています。

虐待している保護者はもちろん、虐待されている子どもも自ら助けを求めることはなかなかできません。
虐待から子どもを守るためには、周囲の皆さんの「気づき」がとても大切です。

横浜市では、地域の皆さんに情報提供していただくため、公共機関等に「こども虐待防止啓発ポスター」を掲示しています。

また、条例の趣旨に賛同していただいた企業や団体にもポスターを掲示していただいたり、啓発の機会を与えていただいています。
ここでは、広報啓発にご協力いただいている企業や団体をご紹介します。

※順不同

啓発協力企業、団体一覧
協力内容団体、企業名
園内へのポスター掲示

金沢動物園(外部サイト)
よこはま動物園ズーラシア(外部サイト)
野毛山動物園(外部サイト)

施設内への
ポスター掲示
株式会社横浜フリエスポーツクラブ(横浜FC)(外部サイト)
施設内への
ポスター掲示
日産スタジアムでの
啓発イベント協力
横浜マリノス株式会社(外部サイト)
京急百貨店での
啓発イベント協力
株式会社京急百貨店(外部サイト)
2015年BAYガーデン
での啓発イベント協力
「ハマスタBayガーデン」実行委員会
株式会社横浜スタジアム(外部サイト)
株式会社横浜DeNAベイスターズ(外部サイト)
ドコモショップ内への
ポスター掲示
株式会社ドコモCS(外部サイト)
ハッピーローソン内への
キャラクターのパネル
掲示
ハッピーローソン(外部サイト)
※子育てを応援できることを考え、
子育て家族を応援していく店舗
ケンタッキー
フライドチキン
(市内41店舗)に
おいてリーフレット
配布等
日本KFCホールディングス株式会社(外部サイト)
※毎月5日の「子供虐待防止推進の日」に、
リーフレットを配布
顧客へリーフレット
配布、社員等の
オレンジリボン着用
損害保険ジャパン日本興亜(株)(外部サイト)
※11月の「虐待防止月間」と
毎月5日の「子供虐待防止推進の日」に、
社員等がオレンジリボンを着用

このページへのお問合せ

こども青少年局こども家庭課児童虐待・DV対策担当

電話:045-671-4288

電話:045-671-4288

ファクス:045-681-0925

メールアドレス:kd-stopkodomogyakutai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:640-717-486

先頭に戻る