このページの先頭です

横浜市立小学校体育大会

最終更新日 2019年4月1日

はまっ子スポーツウェーブ第68回横浜市立小学校体育大会を開催しました!(平成30年10月24日(水曜日)、25日(木曜日)、11月7日(水曜日)、21日(水曜日)三ツ沢公園)

合言葉は「豊かな心 広がる仲間 高まる動き」


 市立小学校6年生約30,000人が参加する「横浜市立小学校体育大会」を約20年振りに三ツ沢公園で開催しました。この大会は昭和26年から開催され、平成30年度で68回目となります。
 今年もはまっ子たちが、横浜市民としての一体感を味わいながら、元気に躍動しました!

 ※大会のねらい
(1)大会に参加することにより、運動に親しみ、自らを高め、主体的に生きる豊かな心を育てる。
(2)多くの児童が集まって運動することにより、視野を広げ、生活をより豊かにし横浜市民として共に生きようとする意識を高める。
(3)一人ひとりが「めあて」をもち、競技や演技に参加したり見合ったりして、運動する楽しさを味わい、動きが高まる喜びを感じることができるようにする。

1.式典の様子

横浜市挨拶鯉渕信也教育長


横浜市挨拶(鯉渕 信也 教育長 10月24日、25日)

※11月7日、21日はそれぞれ村岡西部学校教育事務所長、直井指導部長

スポーツ旗旗手の入場


スポーツ旗旗手の入場
※各校のスポーツ旗旗手が三ツ沢公園の素晴らしい芝生の上を行進しました。

大会歌


大会歌「今、この時~未来を感じて~」
※この曲は第50回大会を記念して当時の児童たちが作詞・作曲したもので、毎年歌い継がれています。

2.ミズノトラッククラブ 松下 祐樹(まつした ゆうき)さんのお話&実演

スペシャルゲストとして、リオデジャネイロオリンピック陸上400mハードル日本代表の松下祐樹さんが三ツ沢公園に登場、ハードル走の実演の後、お話をいただきました。
華麗にハードルを跳ぶ姿に、子ども達が驚きの声をあげながら、盛り上がっていました。

3.100m走の様子

4.4×100mリレーの様子

5.タイムトライアル7(今年度新競技)の様子

6.長縄跳びの様子

全学校が自分達のベスト記録の更新を目指して、一生懸命跳びました。

7.集団演技の様子

 今年も演技「Let's Dance With YOKOHAMA」をみんなで元気良く踊りました。この演技は、第60回大会を記念して作られたものです。

 「横浜市立小学校体育大会」は、1日当たり約7,500人の小学校6年生が一堂に会する横浜ならではの大会です。式典の司会進行は児童達が行い、大会の企画だけでなく、レースの判定や会場の警備、けが人の救護等を教員達が行う手作りの体育行事です。

 本大会は、「全国共済神奈川県生活協同組合」様、「横浜冷凍株式会社」様、「KCJ GROUP株式会社「キッザニア東京」事業部」様、「株式会社セガホールディングス オービィ横浜」様、「スポーツオーソリティ(株式会社メガスポーツ)」様のご協賛により開催しました。
 今後も皆様のご協賛をお待ちしています!
 現在、横浜市教育委員会では小学校体育大会にご協賛いただける企業様を募集しております。
 もしご興味・ご関心がございましたら、下記問合せ先までご連絡ください。
  ・連絡先
 横浜市教育委員会事務局 学校教育企画部 小中学校企画課 小学校体育大会担当
 〒231-0017
 横浜市中区港町1-1
 TEL:045-671-3285
 FAX:045-664-5499

このページへのお問合せ

教育委員会事務局学校教育企画部小中学校企画課

電話:045-671-3265

電話:045-671-3265

ファクス:045-664-5499

メールアドレス:ky-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:938-230-536

先頭に戻る