このページの先頭です

横浜市の中学校昼食について

最終更新日 2019年7月5日

ハマ弁について

 横浜市の中学校昼食は、ご家庭のライフスタイルや日々の都合に合わせて「ハマ弁」「家庭弁当」「業者弁当」から等しく選べる選択制としています。

ハマ弁の注文はこちらから

〇ハマ弁の注文
 一日単位でハマ弁を注文される方はこちらから手続きをお進めください。
 https://www.hamaben.jp/mypage/login(外部サイト)

〇ハマ弁のまとめて注文
 月単位でハマ弁を注文される方はこちらから手続きを進めていただくと大変便利です。
 https://www.hamaben.jp/mypage/login?previous=/mypage/matome(外部サイト)

〇ハマ弁の一括注文
 ハマ弁を毎日食べる方は、こちらから手続きを進めていただくと大変便利です。一度の注文で卒業までハマ弁が注文可能です。
 https://www.hamaben.jp/au/policy(外部サイト)

〇ハマ弁アプリからの注文
 スマートフォンをご使用の方はアプリからの注文も大変便利です。こちらから手続きをお進めください。
 https://www.hamaben.jp/user/about-app(外部サイト)

 【次のQRコードからも登録可能です】
 ・アイフォンをお使いの方 

  アイフォン用のQRコード

 ・アンドロイドをお使いの方

  アンドロイド用のQRコード


利用者登録について

 ハマ弁の注文には利用者登録が必要となりますが、「利用者登録が煩わしい」「登録がスムーズにできない」という声をいただいていることから、登録までの簡単なガイドを作成しました。

 ハマ弁の利用者登録まではたったの7ステップです。最短2分で完了します。

 ・利用者登録の流れ(PDF:596KB)

ハマ弁の特徴について

 ・栄養バランスの整った献立を提供!
  事業者の栄養士が「日本人の食事摂取基準2015」に基づき栄養バランスの整った献立を作成しています。

  肉や魚を中心に野菜もたくさん摂ることができます。

  生徒に人気のメニューや地元企業とのコラボメニューを取り入れるなど、バラエティに富んだ献立を提供しています。

 ・他都市の給食並みの価格で提供!

提供価格(生徒)
注文内容価格
ごはん・おかず、汁物、牛乳(フルセット)340円
ごはん・おかず、牛乳(汁物抜き)320円
ごはん・おかず、汁物(牛乳抜き)300円
ごはん・おかず(汁物・牛乳抜き)280円
汁物、牛乳90円
牛乳60円
汁物30円

 ・温かいごはんと汁物を提供!

  ごはんと汁物は、温かい状態で生徒に提供します。

  おかずは、食中毒予防のため一気に19℃(おいしさと安全性の両立に最適な温度)まで下げています。

中学校昼食の経緯

 横浜市では、昭和30年代後半から昭和40年代にかけての急激な人口増加に伴い、学校施設の整備が急ピッチで進められました。この時、教室等の整備を中心に学校建設が行われたため、従前から給食の提供がなかった中学校では、給食室の整備が行われずに、家庭から持参する弁当が昼食として定着してきました。
 時代のニーズや共働き家庭の増加などの生活スタイルの変化とともに家庭弁当を用意することの難しさなどの課題が生じていたことから、望ましい中学校昼食の実現に向けて調査検討を重ね、平成26年12月に「横浜らしい中学校昼食のあり方」をまとめました。あり方をまとめるにあたり当時146校の中学校を抱える横浜市では、給食実施には施設整備に多額の費用が掛かるだけでなく、給食室や給食センターの建設に必要な用地がないこと、全校実施までに長い期間がかかることから、「自校方式」「親子方式」「センター方式」による給食の実施は難しいと考え、「栄養バランスの取れた温もりのある昼食」を提供するために、最適な実施方法として、横浜型配達弁当の「ハマ弁」を導入し、平成29年1月より、全校でハマ弁を導入しています。
 ハマ弁導入当初は、中学校の昼食は家庭弁当を基本としていましたが、現在はご家庭のライフスタイルや日々の都合により「ハマ弁」「家庭弁当」「業者弁当」から等しく選ぶ選択制として実施しています。

【ハマ弁導入の経緯及びこれまでの取組(記者発表資料)】
 ・平成26年9月 (記者発表) 「中学校の昼食に関するアンケート」の結果について(PDF:204KB)
 ・平成26年12月 「横浜らしい中学校昼食のあり方」(PDF:1,170KB)
 ・平成27年9月17日(記者発表)横浜型配達弁当(仮称)の実施事業者の公募(PDF:521KB)
 ・平成27年12月9日(記者発表)横浜型配達弁当の正式名称の決定(PDF:350KB)
 ・平成27年12月10日(記者発表)ハマ弁の事業者決定(PDF:253KB)
 ・平成28年6月28日(記者発表)横浜型配達弁当開始(12校:平成28年7月~)(PDF:784KB)
 ・平成28年7月11日(記者発表)横浜型配達弁当の拡充(平成28年10月~)及び全校実施(平成29年1月~)(PDF:1,052KB)
 ・ハマ弁の価格の引き下げ(平成30年4月1日~)
 ・平成30年7月11日(記者発表)ハマ弁のリニューアル(平成30年8月27日~)(PDF:800KB)
 ・平成31年4月25日(記者発表)当日注文が全校でスタートします(令和元年5月28日注文分~)(PDF:808KB)

ハマ弁の献立等

○ハマ弁の献立
 令和元年
  5月分(PDF:3,274KB)
  6月分(PDF:3,347KB)
  7月分(PDF:3,100KB)
  8月分(PDF:2,972KB)

○現在注文可能なハマ弁のアレルギーや食材の産地については、次のハマ弁注文サイトからご確認ください。
 URL:https://www.hamaben.jp/(外部サイト)
 

利用者の声について

○モニター校(11校)のアンケート
 ・アンケートの分析結果(概要)(PDF:249KB)
 ・アンケートの分析結果(PDF:797KB)

○ハマ弁デーのアンケート結果
 平成29年度に、生徒がハマ弁を試食する機会として各学校で実施した「ハマ弁デー」のアンケート結果は次のとおりです。
 ・平成29年度 ハマ弁デーアンケート結果(31校)(PDF:124KB)

企業等との連携について

 横浜市教育委員会事務局では「学校における食育推進指針」を策定し、企業や関係団体との協力体制を強固にしながら、学校における食育の取組を推進しています。本市の食育推進の取組の1つに、ハマ弁を活用した中学校の食育の推進を掲げています。
 これまで企業と連携した取組について次のとおりご紹介します。

平成30年4月3日 (記者発表)横浜DeNAベイスターズ青星寮カレーのハマ弁での提供(5月23日)について(PDF:615KB)
令和元年5月28日(記者発表)横浜ビー・コルセアーズの選手が中学校の食育を盛り上げます(PDF:428KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局人権健康教育部健康教育課

電話:045-671-3277

電話:045-671-3277

ファクス:045-681-1456

メールアドレス:ky-kenkokyoiku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:585-328-543

先頭に戻る