このページの先頭です

平成23年度税制改正の主な内容

最終更新日 2019年1月22日

※実施年度にご注意ください。

1.寄附金税額控除の改正(個人住民税)・・(実施年度 平成24年度)
2.退職所得課税の改正(個人住民税)

※平成23年中に行った寄附金から適用(平成24年分の住民税から控除)。

○寄附金税額控除の適用下限額が5,000円から2,000円に引き下げられます。

【寄附金税額控除額の計算方法】

(対象となる寄附金【総所得金額等の30%を限度】-2千円)×税率(市民税:6%、県民税:4%)

※平成25年1月1日以後に支払われるべき退職金から適用。

○退職所得にかかる住民税の10%税額控除が廃止されます。なお、この税額控除の廃止によって増収となる分につい
ては、復興財源に充当するとされています。

【退職所得に係る個人住民税の計算方法】

{(退職金-退職所得控除額)×1/2}×税率(市民税:6%、県民税:4%)

←他年度の税制改正の主な内容のページ

このページへのお問合せ

財政局主税部税制課

電話:045-671-2252

電話:045-671-2252

ファクス:045-641-2775

メールアドレス:za-zeisei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:673-070-834

先頭に戻る