このページの先頭です

令和2年度保険料の制度改正について

最終更新日 2020年4月1日

1.保険料賦課限度額の引き上げ
国の政令改正を受けて、保険料賦課限度額を医療分について2万円、介護分について1万円引き上げました。

保険料賦課限度額
医療分610,000円⇒630,000円
支援分190,000円(変更なし)
介護分160,000円⇒170,000円

2.均等割額の減額対象者の拡大
法令により定められた所得基準を下回る世帯については、均等割額を減額しています。令和2年度保険料から所得基準額を見直し、対象世帯を拡大します。

令和2年度国民健康保険料の制度改正に伴う均等割額の減額対象者の拡大の図


平成31年度保険料の制度改正について

1.保険料賦課限度額の引き上げ
国の政令改正を受けて、保険料賦課限度額を医療分について3万円引き上げました。

保険料賦課限度額
医療分580,000円⇒610,000円
支援分190,000円(変更なし)
介護分160,000円(変更なし)

2.均等割額の減額対象者の拡大
法令により定められた所得基準を下回る世帯については、均等割額を減額しています。平成31年度保険料から所得基準額を見直
し、対象世帯を拡大します。

平成31年度国民健康保険料の制度改正に伴う均等割額の減額対象者の拡大の図


このページへのお問合せ

健康福祉局生活福祉部保険年金課

電話:045-671-2422

電話:045-671-2422

ファクス:045-664-0403

メールアドレス:kf-hokennenkin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:337-003-208

先頭に戻る