このページの先頭です

新型コロナウイルス感染症の流行の影響による予防接種の対応について(接種期間延長)

最終更新日 2022年4月1日

新型コロナウイルス感染症の流行の影響による実施期間の延長(特例措置)について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、予防接種をしないまま期間を経過してしまった方に、特例措置として接種期間を延長しています。なお、本特例措置は今後の感染状況により、令和4年度の途中で終了する可能性もございます。最新の情報はこちらのページでお知らせしていきます。

対象となる予防接種

こどもの予防接種

 
 本市で新型コロナウイルス感染症の患者の発生が確認された令和2年2月18日以降に、こどもの定期予防接種の期間(無料で受けられる期間)が過ぎてしまった方は、区役所で申請することにより、期間の延長ができます。
(こどもの予防接種詳細は「こどもの予防接種について」をご覧ください。)
 
対象の方:令和2年2月18日以降に定期予防接種期間を経過し、現在未接種の方
延長できる期間:申請日から最大2年間
手続き:「横浜市予防接種実施依頼書申込書」に必要事項を記入のうえ、お住いの区の健康づくり係の窓口でお手続きください。
    詳しくは横浜市予防接種実施依頼書発行お手続きの流れ(PDF:258KB)をご参照ください。
    ※申請の際には、予診票・母子健康手帳・健康保険証をお持ちください。
    また、市外での接種で窓口でのお手続きが難しい場合は、お住いの区の健康づくり係にご相談ください。    
 
≪申込書はこちらでダウンロードしてください≫
「横浜市予防接種実施依頼書発行申込書」用紙印刷(外部サイト)
 ※リンク先から印刷してください。
各区提出先(健康づくり係)一覧
 

成人用肺炎球菌ワクチン予防接種

  
 令和3年度対象者のうち実施期間(定期予防接種として接種できる期間)が過ぎてしまった方は、区役所で申請することにより、期間の延長ができます。なお、令和5年3月31日が実施期限となりますのでご注意ください。
(成人用肺炎球菌ワクチン予防接種の詳細は「成人用肺炎球菌ワクチン予防接種」をご覧ください。)

対象者と延長期間
 令和2年度中の対象者で、現在未接種の方令和3年度中の対象者で、現在未接種の方
延長できる期間

令和3年4月1日~令和4年3月31日
※実施期間は終了しました。

令和4年4月1日~令和5年3月31日

手 続 き:「横浜市予防接種実施依頼書申込書」に必要事項を記入のうえ、お手元にある「令和3年度予診票」と併せて、 
     お住いの区の健康づくり係に提出してください。
     詳しくは横浜市予防接種実施依頼書発行お手続きの流れ(令和3年度対象者用)(PDF:1,137KB)をご参照ください。 
必要書類:①横浜市予防接種実施依頼書申込書
     ②令和3年度予診票 ※令和3年度予診票がお手元にない方は、区役所健康づくり係にて再発行します。
     ③被接種者の住所・氏名・年齢を確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)
      ※代理人が申請する場合は、申請者の住所・氏名・年齢を確認できるものもお持ちください。
接種当日:区役所から発行された「横浜市予防接種実施依頼書」「令和3年度予診票」を医療機関にご提出ください。

≪申込書はこちらでダウンロードしてください≫
「横浜市予防接種実施依頼書発行申込書」用紙印刷(外部サイト)
 ※リンク先から印刷してください。
各区提出先(健康づくり係)一覧

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部健康安全課

電話:045-671-4190

電話:045-671-4190

ファクス:045-664-7296

メールアドレス:kf-yobousessyu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:238-921-873

先頭に戻る