このページの先頭です

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証について

新型コロナウイルスのワクチンを接種した方は、接種券に付属する「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」または、「新型コロナワクチン接種記録書」をもって、接種済であることを示すことができます。本ページでは、医療従事者等の方で横浜市が発行する接種済証を必要とする方への御案内を掲載しています。

最終更新日 2021年7月21日

申請の前に必ず御確認ください。

  • 本ページは、国内で接種の事実を証明できる「接種済証」に関する申請の説明をしています。
  • ワクチンパスポートのページではありませんので御注意ください。
  • 国内では、「接種済証」(下図の⾚枠部分)で接種の事実を証明することができます。

接種済証イメージ

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証について

交付される書類(見本)

対象となる方(原則、横浜市に住民票のある方)

  1. 「新型コロナウイルスワクチン接種記録書」を有する医療従事者のうち、横浜市が発行する接種済証を必要とする方
  2. 接種券に付属する「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」を紛失した等の理由により、横浜市が発行する接種済証を必要とする方

必要書類

  • 新型コロナウイルスワクチン予防接種済証発行申請書  ※必ず連絡先(普段利⽤する携帯番号等)を記載してください。
  • 新型コロナワクチン接種記録書の写し【医療従事者のみ】
  • ⾝分証明書(運転免許証、健康保険証等の氏名及び住所がわかる部分)の写し
  • 宛先を記載した返信⽤封筒(切⼿を貼付※)
    ※接種済証はA4用紙1枚です。貼付する切手の金額は返信用封筒の大きさにより異なります。
    (長3封筒の場合は84円切手を貼付してください。)

(注)代理人が申請する場合は、上記の書類に加え、委任状と代理人の本人確認書類の写しを同封してください。

様式ダウンロード

申請先(郵送のみ受付)

〒231-0005
横浜市中区本町6丁目50番地の10
横浜市健康福祉局健康安全課 ワクチン接種調整等担当
※受付は郵送のみです。
※封筒に⾚字で「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証発行申請書 在中」と記載してください。

⼿数料

発行手数料は無料です。

注意事項

  • 対象となるのは原則、横浜市に住⺠票がある⽅です。
  • 接種済証の発⾏には接種記録を確認する必要があるため、時間を要する場合があります。
  • 接種済証は日本語で発行します。必要がある場合は、別紙として、日本語の接種済証の英訳を発行します。
  • 本接種済証は海外渡航者向けのいわゆる「ワクチンパスポート」ではありません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

ファクス:050-3588-7191 耳の不自由な方のお問合せ用

前のページに戻る

ページID:893-717-119

先頭に戻る