このページの先頭です

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証について

新型コロナウイルスのワクチンを接種した方は、接種券に付属する「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」または、「新型コロナワクチン接種記録書」をもって、ワクチン接種の事実を示すことができます。このページは、接種済証を紛失された方、接種日に誤記載がある方等へ予防接種済証の申請方法についてご案内しています。

最終更新日 2021年10月13日

既にお持ちではありませんか?※申請誤りが大変多くなっています※

  • 予防接種済証または接種記録書をお持ちの方は、どちらの書類もワクチン接種の事実を示す書類になるため、原則、申請の必要はございません。
  • 紛失してしまった方や、接種日に誤記載がある方等で予防接種済証が必要な方は、ご申請ください。

予防接種済証もしくは接種記録書をお持ちの方は原則、申請不要です
※このイラストはイメージです

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証について(ワクチンパスポートではありません)

対象となる方(接種時点で横浜市に住民票のあった方)

  1. 「新型コロナウイルスワクチン接種記録書」を有する方のうち、横浜市が発行する接種済証を必要とする方
  2. 接種券に付属する「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」を紛失した等の理由により、横浜市が発行する接種済証を必要とする方

本申請により発行される接種済証の見本

必要書類

必要書類一覧(★申請者全員、郵送が必要、☆該当するものがあれば必ず郵送が必要)
書類名 説明
新型コロナウイルスワクチン予防接種済証発行申請書(PDF:455KB)  
★本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等の氏名及び住所がわかる部分)の写し  
★宛先を記載した返信⽤封筒(切⼿を貼付※) ※接種済証はA4用紙1枚です。貼付する切手の金額は返信用封筒の大きさにより異なります。
(長3封筒の場合は84円切手を貼付してください。)
☆新型コロナワクチンの接種記録が分かる書類の写し 【例】
・予診票の写し
・新型コロナワクチン接種記録書の写し【医療従事者・職域接種の方のみ】
☆委任状と代理人の本人確認書類の写し 代理人が申請する場合のみ御提出ください。

申請先(郵送のみ受付)

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい三丁目6番1号 12階
横浜市 予防接種済証発行担当
※受付は郵送のみです。
※裏面に差出人の住所と氏名を記載してください。
※切手料金が足りず、横浜市に申請書が届かないケースが多発しています。御注意ください。
※申請書以外の必要書類が入っていないケースが多発しています。必ず同封してください。

⼿数料

発行手数料は無料です。

注意事項

  • 本市に申請書類一式が届いてから、発送までおよそ20日間を要する見通しです。ただし、接種記録の登録状況や申請書類の不備等がある場合、数か月要することがあります。
  • 本接種済証は海外渡航者向けのいわゆる「ワクチンパスポート」ではありません。
  • 令和3年10月15日本市到着分から英文訳の発行を行いません。海外で使用する場合は、ワクチンパスポートを御申請ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

ファクス:050-3588-7191 耳の不自由な方のお問合せ用

前のページに戻る

ページID:893-717-119

先頭に戻る