このページの先頭です

3回目接種(追加接種)について

3回目接種(追加接種)に関する計画は、国の方針等に基づいたものです。今後、国の方針等に変更があった場合には、適宜計画を見直していきます。このページは、1月20日時点の情報をもとに作成しています。

最終更新日 2022年1月26日

3回目接種(追加接種)の概要

接種対象者

2回目接種を完了した日から、「一定の期間」が経過した横浜市に住民登録のある18歳以上の方
接種券の発送時期については、こちらのページをご確認ください。

実施期間

令和3年12⽉1⽇から令和4年9⽉30⽇までの予定です。

使⽤ワクチン

1回目、2回目の接種ワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社または武田/モデルナ社ワクチンを使⽤します。ファイザー社は1・2回目の接種量と同量ですが、武田/モデルナ社は半量になります。

3回目接種について皆さまに知ってほしいこと

交互接種について

1・2回目とは違うワクチンでの接種(交互接種)も可能です。詳細は、「交互接種について」をご確認ください。

特に追加接種が推奨される⽅

  • 高齢者、基礎疾患を有する方などの「重症化リスクが高い方」
  • 重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」
  • 医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い方」

対象者ごとの接種方針(令和4年1月20日時点)

接種方針
対象者横浜市の方針
高齢者(65歳以上)
  • 1月31日から接種開始
  • 2月21日までに対象者(2回目接種から6か月経過)全員に個別通知発送・接種(※)
一般(64歳以下)
  • 2月下旬から接種開始
  • 3月14日までに対象者(2回目接種から6か月経過)全員に個別通知発送・接種(※)
    以降は6か月経過時に接種可能
※接種券が届いた方から接種が可能です。

個別通知(接種券)の発送スケジュール

発送スケジュールについては、「新型コロナウイルスワクチン個別通知(接種券)について」をご確認ください。

予約方法

1・2回目と同じく、原則、接種は事前予約制です。接種券が届いた方から、接種の予約ができます。
予約をしたい方は、「個別接種(医療機関での接種)について」をご確認ください。

接種場所

個別接種(市内医療機関)【令和4年2月上旬以降の体制(予定)】

接種実施医療機関数:約1,900か所
使用ワクチン:原則、ファイザー社ワクチン(武田/モデルナ社ワクチンを併用して接種する医療機関が約30か所あります)

集団接種【令和4年2月中旬以降の体制(予定)】

接種会場数:13か所
使用ワクチン:武田/モデルナ社ワクチン(1・2回目接種時がファイザー社ワクチンであった方も接種できます)
会場の詳細は、「接種場所(接種を受けられる医療機関・会場など)」の集団接種会場をご確認ください。
※ワクチンの種類は国からのワクチン供給の状況により、一部の会場で今後変更となる可能性があります。

県が実施する接種

対象者別のお知らせ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

ファクス:050-3588-7191 耳の不自由な方のお問合せ用

前のページに戻る

ページID:600-384-966

先頭に戻る