このページの先頭です

接種を受けるのに注意が必要な方

最終更新日 2022年1月12日

以下に当てはまる方は、ワクチンを受けることができない場合や、注意が必要な場合があります。
接種に不安がある方は、かかりつけ医等にワクチンを受けて良いかどうかご相談ください。
ワクチンを受けるのに注意が必要な方

受けることが
できない方

  • 明らかな発熱がある方や、重い急性疾患にかかっている方
  • ワクチンの成分(※1)に対し、重度の過敏症を起こしたことがある方
注意が必要な方
  • 現在、何らかの病気で治療中の方
    ・心臓病、腎臓病、肝臓病、血液疾患、免疫不全で治療中の方
    ・血が止まりにくい病気の方や、血をサラサラにする薬(※2)を飲んでいる方
  • 以下のような症状が出たことがある方
    ・薬や食品に対する重いアレルギー症状
    ・けいれん(ひきつけ)

(※1)ポリエチレングリコールなどが成分として含まれます。ポリエチレングリコールは、大腸内視鏡検査時に下剤として使用する医療品を始め、様々な医薬品に添加剤として含まれており、化粧品にも含まれていることがあります。その他の成分や、その他の成分や、詳細については、厚労省ウェブサイトをご参照ください。

(※2)このワクチンは、筋肉内に注射します。そのため、抗凝固薬(ワーファリンⓇ、プラザキサⓇ、イグザレルトⓇ、エリキュースⓇ、リクシアナⓇ)を内服中の方は、接種後の出血に注意が必要です。

[参照:厚生労働省ウェブサイト]

このページへのお問合せ

新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

ファクス:050-3588-7191 耳の不自由な方のお問合せ用

前のページに戻る

ページID:861-683-429

先頭に戻る