このページの先頭です

武田社ワクチン(ノババックス)の接種について

最終更新日 2023年2月1日

重要なお知らせ ※必ずお読みください

国の省令改正により、「武田社ワクチン(ノババックス)による3・4・5回目接種(令和4年11月8日以降)」は、「令和4年秋開始接種」として位置づけられました。
「令和4年秋開始接種」は、現時点においては、初回接種を終了している方に対して「1人1回の実施」を基本としています。
よって、令和4年11月8日以降に3・4・5回目としてノババックスを接種した場合、その後に、オミクロン株対応ワクチンを含め新型コロナワクチン接種を受けることはできなくなりますので、ご注意ください。
令和4年秋開始接種においては、基本的にはオミクロン株対応ワクチンをおすすめしており、現時点では、ファイザー社及びモデルナ社のオミクロン株対応ワクチンを供給しています。何らかの理由で、これら以外のワクチンでの接種を希望される方については、従来型の武田社ワクチン(ノババックス)で令和4年秋開始接種を受けていただくことができます。接種を迷う場合については、かかりつけ医にご相談ください。


武田社ワクチン(ノババックス)の接種は、神奈川県内の各会場で実施しています

横浜市内の接種会場

接種会場により、受入可能な対象年齢が異なりますのでご注意ください。
◆公益財団法人神奈川県予防医学協会 中央診療所
住所横浜市中区日本大通58 日本大通ビル(日本大通り駅から徒歩3分、関内駅から徒歩5分)

1・2回目接種
(初回接種)

受入可能な対象年齢は「12歳以上」です。
※16歳未満の方が接種する場合は、保護者の同伴が必要です。同伴がない場合は接種を受けられません。
※16歳未満の方で基礎疾患や持病をお持ちの方は、受け付けておりません。かかりつけ医にご相談ください。

3・4・5回目接種
(追加接種)

受入可能な対象年齢は「18歳以上」です。


◆公益社団法人日本海員掖済会 横浜掖済会病院
住所横浜市中区山田町1-2(市営地下鉄線「伊勢佐木長者町駅」から徒歩5分、JR「関内駅」から徒歩10分)

1・2回目接種
(初回接種)

受入可能な対象年齢は「16歳以上」です。

3・4・5回目接種
(追加接種)

受入可能な対象年齢は「18歳以上」です。


◆医療法人社団神樹会 新横浜かとうクリニック
住所横浜市港北区新横浜2-6-13 新横浜ステーションビル8階(JR横浜線・市営地下鉄線「新横浜駅」から徒歩5分)

1・2回目接種
(初回接種)

受入可能な対象年齢は「12歳以上」です。

3・4・5回目接種
(追加接種)

受入可能な対象年齢は「18歳以上」です。


予約方法

その他の接種会場

その他の接種会場や接種に関する詳細は、神奈川県ウェブサイトをご確認ください
神奈川県ウェブサイト

武田社ワクチン(ノババックス)の接種について(外部サイト)


ワクチンの種類

【組換えタンパクワクチン】
  • ポリエチレングリコールのアレルギーによりmRNAワクチン(ファイザー社及びモデルナ社ワクチン)が接種できない方も接種を希望することができます。
  • 組換えタンパクワクチンは不活化ワクチンの一種であり、B型肝炎ウイルスワクチンをはじめ、幅広く使用されている技術です。この技術は世界中で既に広く使用され、長期の使用実績があります。
詳細は、「新型コロナワクチンQ&A『組換えタンパクワクチンとはどのようなワクチンですか。』(厚生労働省)(外部サイト)」をご確認ください。

接種対象者

1・2回目接種(初回接種)

12歳以上の方

3・4・5回目接種(追加接種)

18歳以上の方

接種間隔

接種間隔
1・2回目接種(初回接種)3・4・5回目接種(追加接種)
通常3週間(※)前回接種から6か月以上
※1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。
【インフルエンザワクチン等、他のワクチンとの接種間隔について】
  • 新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは、間隔を空ける必要はなく、同時に接種することも可能です(15分や30分といった間隔を空ける必要はありません)。
  • インフルエンザワクチン以外のワクチンは、原則、同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

説明書とリーフレット

ワクチン説明書

ワクチン説明書をご覧になりたい場合は、「新型コロナワクチン(特徴・種類)について」をご確認ください。

リーフレット

よくあるご質問

Q
1回目と2回目に異なるワクチンの接種をすることは可能ですか。
A
1回目と2回目の接種では、原則として同一のワクチンを接種する必要がありますが、現在接種が進められている新型コロナワクチン(ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社、武田社(ノババックス))については、下記のような場合に限り、1回目と異なるワクチンを2回目に接種すること(交互接種)は可能です。
  • 1回目のワクチン接種後に重篤な副反応が生じたこと等により、医師が医学的見地から、2回目に同一のワクチンを接種することが困難であると判断した場合
  • 国内のワクチン流通の減少や接種を受ける方の転居等により、1回目と2回目で同一のワクチンを接種することが困難な場合
  • ファイザー社ワクチンと比べて心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が高い傾向がみられる、モデルナ社ワクチンを接種した10代・20代の男性が、1回目にモデルナ社のワクチンを接種したものの、2回目の接種でファイザー社のワクチンへの変更を希望する場合
なお、1回目と2回目の接種の間隔は、諸外国の対応状況等を踏まえ、27日以上の間隔をおくこととされています。

【予約方法】

  • 医療機関に直接予約をする場合は、それぞれの予約受付をしている医療機関に、直接お問合せください。
  • 市の予約システムから予約する場合、原則として、1回目と2回目の接種では同一のワクチンを接種することになっているため、市の予約システムでは異なるワクチンを選択することはできません。1回目と2回目で異なるワクチンを予約する場合は、新型コロナワクチン接種予約センター(0120-045-112)までおかけください。
  • なお、異なるワクチン接種ができるかどうか最終的な判断をするのは、異なるワクチンの2回目接種時に予診をする医師になりますので、予診の際にご相談いただきますようお願いします。
【参考】「新型コロナワクチンQ&A『1回目と2回目で異なる新型コロナワクチンを接種しても問題ないでしょうか。』(厚生労働省)(外部サイト)
Q
従来型の武田社ワクチン(ノババックス)の追加接種は、オミクロン株にも有効ですか。
A

現在流通している従来型の武田社ワクチン(ノババックス)には、現在流行の中心であるオミクロン株の成分は含まれず、従来株の成分のみで作られており、基本的にはファイザー社またはモデルナ社のオミクロン株対応ワクチンをおすすめしています。ただし、従来型の武田社ワクチン(ノババックス)の追加接種により、オミクロン株に対する抗体価が上昇することが確認されており、オミクロン株に対しても一定の効果が期待できるとされています。

横浜市民の方が「横浜市内の接種会場」で予約をする方法

横浜市民の方が「横浜市内の接種会場」で予約をする場合は、以下の方法からお選びください。

インターネット(予約サイト)で予約する

横浜市予約専用サイト
URL

https://v-yoyaku.jp/141003-yokohama(外部サイト)
※ワクチン種別は「武田社(ノババックス)」を選択して検索してください。

受付時間

24時間受付

利用マニュアル
対応ブラウザ横浜市新型コロナワクチン予約専用サイトは、 InternetExplorerに対応しておりません。Microsoft Edge やGoogle Chrome 等、その他のwebブラウザをお使いください。

LINE(ライン)で予約する

『横浜市LINE公式アカウント』と「友だち登録」をすることでご利用いただけます。
受付時間:24時間受付
【ご注意】
LINEから予約に関するアカウント情報の登録をすると、横浜市予約専用サイトから予約することはできなくなります。
既に横浜市予約専用サイトで予約済みの場合、アカウント情報の登録を行うことができません。

電話(予約センター)で予約する

横浜市新型コロナワクチン接種予約センター
電話番号0120-045-112
受付時間

午前9時から午後7時まで(土曜日、日曜日、祝・休日も実施)

対応言語8か国語に対応します(日本語、English、中文、한국어、Tiếng Việt、नेपाली、Português、Español)
注意事項

※電話のおかけ間違いが多くなっています。リダイヤルの場合も電話番号を今一度お確かめいただき、おかけ間違いには十分ご注意ください。
※予約センターは、予約受付定員に達した場合、午後7時前であっても終了します。


【聴覚障害のある方用】FAX(ファクス)で予約する

聴覚障害の方で、電話、パソコン・スマートフォンで予約申込ができない方は、FAXで予約申込することができます。

予約をキャンセルしたい場合は

予約した日時に会場へ行くことができなくなった場合は、必ず予約をキャンセルしてください。
貴重なワクチンを無駄にしないためにも、ご理解・ご協力をお願いします。

予約支援(予約代行・予約のお手伝い)

インターネット(Web)での予約が難しい方については、区役所及び市内携帯ショップで予約の手続きをサポートします。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

ファクス:050-3588-7191 耳の不自由な方のお問合せ用

前のページに戻る

ページID:253-891-037

先頭に戻る