このページの先頭です

接種証明(予防接種証明書(ワクチンパスポート)/予防接種済証)

申請書類のお間違いが大変多くなっております。必要書類について、御確認の上、郵送をお願いします。

最終更新日 2021年10月11日

新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを公的に証明する書類は2種類あります。

①【海外用】 海外で使用する接種証明書(予防接種証明書(ワクチンパスポート))

申請が必要な方

接種証明書は、次の方を対象に交付します。
  1. 接種時に横浜市に住民票があり、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けた方
  2. 海外渡航の際に接種証明書を必要とされる方
    ※接種証明書を提示することで入国時の防疫措置の緩和等がなされる国・地域については、 外務省のウェブページ(外部サイト)をご確認ください。
したがって、 次のような方は対象になりません。
  • 接種時に横浜市以外の自治体に住民票のあった方
  • 海外渡航の際の利用を目的としない方(パスポートをお持ちでない方)
  • 国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)
※外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方への証明書については、外務省までお問合せください。

申請する方は、こちらのページをご確認ください

➁【国内用】 国内で使用する接種済証[予防接種済証を紛失した方等](予防接種済証)

いずれかの書類をお持ちの方は、原則、申請不要です

予防接種済証(横浜市が送付した接種券に付属)もしくは接種記録書

申請の対象となる方(接種時点で横浜市に住民票のあった方)

  1. 「新型コロナウイルスワクチン接種記録書」を有する方のうち、横浜市が発行する接種済証を必要とする方
  2. 接種券に付属する「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」を紛失した等の理由により、横浜市が発行する接種済証を必要とする方

申請する方は、こちらのページをご確認ください

このページへのお問合せ

新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

ファクス:050-3588-7191 耳の不自由な方のお問合せ

前のページに戻る

ページID:605-416-620

先頭に戻る