このページの先頭です

接種証明書について

マイナンバーカードをお持ちの方は、新型コロナウイルスワクチンを接種した証明書の電⼦版を発行することができます。電⼦版の発行が困難な⽅は、紙版の接種証明書を申請することができます。なお、ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。

最終更新日 2022年5月6日

【お知らせ】

アプリで発行した電子版接種証明書に表示される記録、もしくは3回目接種券に記載されている1・2回目接種記録に誤表記・未表記があった方へ

アプリで発行した電子版接種証明書に表示される記録、もしくは3回目接種券に記載されている1・2回目接種記録に誤表記・未表記があった場合は、横浜市電子申請システムから修正を申請することができます。
また、3回目接種の記録がアプリに反映されない場合についても、アプリ記録の修正をご申請いただくことで3回目接種が反映された電子版接種証明書が発行可能となります。
詳細は、下記のリンク先ページをご確認ください。

【注意事項】電子版接種証明書について

  • 下記の方等は、電子版接種証明書の取得ができないため、紙版接種証明書をご申請ください。
    • マイナンバーカードをお持ちでない方
    • スマートフォンをお持ちでない方
    • DV被害者等の要配慮者
    • 旅券以外の渡航文書で請求する方
    • パスポート上に旧姓・別姓・別名併記がある方
    • マイナンバーカードに登録されている住所が、接種券を発行した自治体内の住所ではない方。
  • 1月21日より、マイナンバーカードに旧姓等の併記がある場合でも電子版接種証明書の発行が可能になりました。
    (アプリを最新のバージョンにアップデートしてご利用ください)
  • 氏名に外字(一般的なパソコンで表示できない文字)がある場合、マイナンバーカードのICチップには代替文字(常用の文字に置き換えた文字)が記録されます。接種証明書にはICチップの氏名が使用され、外字がある方は代替文字が表示されますが、有効な接種証明書として問題なくご利用いただけます。
    なお、正しい字の接種証明書の発行をご希望の場合は、紙版接種証明書をご申請ください。(代替文字の例:澤→沢、齋→斎)
  • ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録データが登録され次第、電子版接種証明書の発行が可能となります。
  • VRSへの登録は、接種を実施した会場にて行います。通常であれば、接種を受けてから3日間~1週間程度で接種記録が登録されます。
  • 接種から1週間以上経過しても電子版接種証明書の発行ができない場合、接種記録が正しく登録されていない可能性がありますので、電子申請システムから修正依頼をご申請くださいますようお願いします。
  • 電子版接種証明書(アプリ)にて過去に発行した証明書の内容は自動で更新されることはございません。新たにワクチン接種を行った場合は、再度電子版接種証明書の発行を行ってください。

1電子版接種証明書

(1)概要

政府(デジタル庁)が公式に提供するアプリ及びマイナンバーカードを使用して、電子版接種証明書を取得することができます。
アプリは、App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書」と検索して、インストールできます。
専用アプリの詳しい取得方法等は、デジタル庁ウェブサイト等で追って周知する予定です。

(2)電子版のメリット

  • 無料で取得できます。
    • 送料がかかりません。ただし、通信料がかかる場合は利用者の負担になります。
  • 即時発行が可能です。
    • ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録が登録されている場合に限ります。
  • 取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。
    • 取得後はオフラインでも表示できます。

(3)必要なもの

  1. スマートフォン(iOS13.7以降もしくはAndroid OS 8.0以降 かつ NFC Type B対応)
  2. マイナンバーカード
  3. ※券面事項入力補助用暗証番号(4桁)
  4. (海外用のみ)パスポート

※券面事項入力補助用暗証番号について

  • 券面事項入力補助用暗証番号は、マイナンバーカードを受け取った際にご自身で設定した数字4桁の暗証番号です。
  • この暗証番号は、コンビニで住民票の写し等を取得する際に使う利用者証明用電子証明書の暗証番号(4桁)と異なる設定をされている方もいます。
  • 入力を3回間違えるとロックがかかります。忘れてしまった場合やロックがかかってしまった場合は、お住まいの区の区役所戸籍課での再設定が必要です。

【参考】マイナンバーカードの申請及び受取方法

(4)アプリの使用方法

(5)問合せ先

アプリの仕様・操作方法(インストール含む)に関すること

 デジタル庁 (新型コロナワクチン接種証明書アプリ) 

 【 デジタル庁問合せフォーム(外部サイト)

接種証明書アプリの操作方法や仕様については、横浜市にお問い合わせを頂いても対応できません。
 接種証明書アプリに関する件については、上記デジタル庁問合せフォームより問合せ願います。
  

接種証明書の意義など制度一般に関すること

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

0120-761-770
受付時間:9:00~21:00(土日・祝日も実施)
 

2紙版接種証明書(電子版の申請が困難な方向け)

(1)概要

郵送での申請により、紙版の接種証明書を発行します。
詳細は、「(紙版)接種証明書の発行について」をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

ファクス:050-3588-7191 耳の不自由な方のお問合せ

前のページに戻る

ページID:605-416-620

先頭に戻る