このページの先頭です

住所地外接種について

最終更新日 2021年12月8日

住所地外接種届について

新型コロナウイルスワクチンは原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしています。
ただし、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期間滞在している場合等は、接種を行う医療機関等が所在する市町村へ事前に届け出たうえで、住所地外で接種を受けることができます。

横浜市へ届出が必要な方

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者

横浜市への届出が不要な方

やむを得ない事情のうち以下に該当する場合は、本市への届け出を省略することができます。

  • 入院・入所者
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
  • 基礎疾患を持つ者がかかりつけ医の下で接種する場合
  • コミュニケーションに支援を要する外国人や障害者等がかかりつけ医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった者
  • 勾留又は留置されている者、受刑者
  • 国又は都道府県等が設置する「大規模接種会場」、「武田/モデルナ社ワクチン接種センター」又は「アストラゼネカ社ワクチン接種センター」で接種を受ける場合(会場ごとの対象地域に居住している者に限る)
  • 職域接種を受ける場合
  • 船員が寄港地等で接種を受ける場合
  • 市町村が他市町村の住民の接種の受け入れを可能と判断する場合
  • 住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である者

届け出先について

WEBから行う

下記URLよりコロナワクチンナビ(厚生労働省)にアクセスして必要事項を入力の上、住所地外接種届出済証を出力してください。
※住所地外接種届出済証の画面をキャプチャまたは印刷して、住民票所在地自治体より発行された接種券・本人確認書類(運転免許証等)とともに接種会場までお持ちください。

コロナワクチンナビ(厚生労働省)URL

https://v-sys.mhlw.go.jp/application/change-region.html(外部サイト)

郵送で行う

「住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)」に必要事項を記載の上、下記宛先までご郵送ください。
なお、申請から届出済証の発送まで、10日程度要します。

様式

住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)(ワード:37KB)

添付書類

接種券の写し

住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)送付先

〒221-8777
横浜市神奈川区新浦島町2丁目1―10
神奈川郵便局 私書箱99号
横浜市 健康福祉局 ワクチン接種調整等担当<住所地外接種届>
※住所地外接種届出済証は居住先住所へ送付します。居住先とは異なる住所に送付希望の場合は送付先住所欄に当該住所を記載してください。

接種予約について

「集団接種」および「横浜市の予約専用サイト・予約センター(電話)で予約を受付ける医療機関」での接種をご希望の方は、予約センターまたはコールセンターにお問い合わせいただき予約番号の発行手続きを行ってください。
※予約番号を発行後、予約専用サイト・予約センターでの予約ができるようになります。直接予約を受付ける医療機関については、予約IDの発行は不要です。

【横浜市新型コロナウイルスワクチン接種予約センター】

TEL:0120-045-112 ※12月29日(水曜日)から1月3日(月曜日)まで受付休止

※予約センターへのお電話での予約は、毎日午前9時から受付けています。その日の受付予定数に達したら終了となります。

【新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター】

TEL:0120-045-070 ※12月29日(水曜日)から1月3日(月曜日)まで受付休止


受付時間:9時~19時

※電話のおかけ間違いが多くなっています。電話番号を今一度お確かめいただき、おかけ間違いには十分ご注意ください。

このページへのお問合せ

横浜市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター ※12月29日(水曜日)から1月3日(月曜日)まで受付休止

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

電話:0120-045-070 おかけ間違いにご注意ください

ファクス:050-3588-7191 (耳の不自由な方のお問合せ用)

前のページに戻る

ページID:783-122-601

先頭に戻る