このページの先頭です

新型コロナウイルス感染症について

最終更新日 2020年2月21日

市民の皆様へ

予防対策について

令和元年12月以降、中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルス感染症の発生が複数報告されて以来、世界各地で患者発生報告が続いています。感染を防ぐためには、「こまめな手洗い」「手指のアルコール消毒」咳やくしゃみの症状がある人は「咳エチケット」といった、基本的な予防対策が有効です。

手指のアルコール消毒
アルコール消毒には、消毒用エタノールが有効です。
咳エチケットとは
咳やくしゃみなどの症状があるときに、マスクを着用したりハンカチなどで口や鼻を押さえることで、周りの人への飛沫感染を予防する対策です。

マスクの着け方

咳やくしゃみのある人が着用することで、飛沫(くしゃみなどの飛び散り)を防ぐことができます。

マスクの着け方

  1. 鼻あて部が上になるようにつけます。
  2. 鼻あて部を小鼻にフィットさせ、プリーツをひろげます。
  3. 鼻あて部を小鼻にフィットさせます。鼻は全体を覆うようにします。
  4. マスクのプリーツを伸ばして、口と鼻をしっかりと覆います。
  5. 装着完了。

マスクの外し方

マスクの外し方

ゴムやひもをつまんで外し、マスクの表面には触れずに廃棄します。外した後の手洗いもお忘れなく。
 

手洗い方法

手洗い方法1
石けんを泡立て手のひら、手の甲、指の間、指先をこすり洗いします。

手洗い方法2
指をねじるように洗います。手首も洗います。きれいに洗い流し、拭き取ります。

手洗い方法3
エタノールで指先、手の甲、手のひら、手首まで消毒します。

令和2年2月10日から「横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンター」を開設しました。感染症の特徴、予防方法、有症時の対応など、新型コロナウイルス感染症に関する全般的な御相談にお答えします。

新型コロナウイルス感染症を疑う場合の定義(2020年2月13日現在)

次の1から4に該当し、かつ他の感染症又は他の病因によることが明らかでなく、新型コロナウイルス感染症を疑う場合。

  1. 発熱または咳などの呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、新型コロナウイルス感染症であると確定したものと濃厚接触があるもの

  2. 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に中国湖北省あるいは浙江省に渡航又は居住していたもの

  3. 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に中国湖北省あるいは浙江省に渡航又は居住していたものと濃厚接触があるもの

  4. 発熱、呼吸器症状その他感染症を疑われるような症状のうち、医師が一般に認められている医学的知見に基づき、集中治療その他これに準ずるものが必要であり、かつ、直ちに特定の感染症と診断することができないと判断し(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第14条第1項に規定する厚生労働省令で定める疑似症に相当)、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要したもの

濃厚接触

濃厚接触とは、次の範囲に該当するものです。

  • 新型コロナウイルス感染症が疑われるものと同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があったもの
  • 適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護もしくは介護していたもの
  • 新型コロナウイルス感染症が疑われるものの気道分泌液若しくは体液等に直接触れた可能性が高いもの

上記に当てはまる場合

新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者相談センター」へお電話ください。また、中国湖北省以外でも海外訪問後に症状があるなど、御心配がある場合は御相談ください。

事業者の皆様へ

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に伴う輸入感染症対策について昨年よりお伝えしていますが、「こまめな手洗い」、「咳エチケット」による予防対策は、新型コロナウイルス感染症にも有効です。以下のチラシを御活用いただき、こまめな手洗いなどの予防対策をお願いします。

宿泊施設の皆様

  • 宿泊施設では、宿泊者の皆様に、発熱及び呼吸器症状(咳等)を発症した場合には、必ず宿泊施設側に申し出るようお伝えいただくとともに、適切な受診について支援をお願いします。
  • 発症者が上記の「新型コロナウイルス感染症を疑う場合の定義」に当てはまる場合は、その場に待機していただき、最寄の区福祉保健センター福祉保健課健康づくり係に速やかにご相談ください。
  • 詳細は、旅館業法に関する情報をご参照ください。

住宅宿泊事業を営む方

住宅宿泊事業(民泊)の届出についてもご参照ください。

相談窓口

新型コロナウイルス感染症についてのご相談は以下にご連絡ください。

横浜市にお住まいの方の電話相談(午前9時から午後9時(土日、祝日を含む))

電話番号:045-550-5530

感染症の特徴、予防方法、有症時の対応など、新型コロナウイルス感染症に関する全般的なご相談にお答えします。

新型コロナウイルス感染症が疑われる方」及び「その患者を診察した医療機関の方」(午前9時から午後9時まで(土日、祝日含む))

電話番号:045-664-7761

今般の国内での新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ、新型コロナウイルスの流行地域からの帰国者や新型コロナウイルス感染症患者との接触歴のある方等からの相談を受け付け、同感染症の疑いに該当する方を診療体制の整った医療機関につなぎます。

横浜市内の医療機関の方の相談(平日の午前8時45分から午後5時まで)

最寄りの区役所の福祉保健センター福祉保健課に御連絡ください。

各区の福祉保健センター福祉保健課
電話番号FAX
青葉区045-978-2438045-978-2419
旭区045-954-6146045-953-7713
泉区045-800-2445045-800-2516
磯子区045-750-2445045-750-2547
神奈川区045-411-7138045-316-7877
金沢区045-788-7840045-784-4600
港南区045-847-8438045-846-5981
港北区045-540-2362045-540-2368
栄区045-894-6964045-895-1759
瀬谷区045-367-5744045-365-5718
都筑区045-948-2350045-948-2354
鶴見区045-510-1832045-510-1792
戸塚区045-866-8426045-865-3963
中区045-224-8332045-224-8157
西区045-320-8439045-324-3703
保土ケ谷区045-334-6345045-333-6309
緑区045-930-2357045-930-2355
南区045-341-1185045-341-1189

夜間の相談窓口(午後9時から翌午前9時まで)

横浜市にお住いの方

  • 新型コロナウイルス感染症と確定した患者と濃厚接触歴があり、発熱または咳などの呼吸器症状がある方
  • 中国湖北省または浙江省に渡航または居住してから14日以内に発熱(37.5℃)かつ呼吸器症状がある方
  • 中国湖北省または浙江省に渡航または居住していたものと濃厚接触した14日以内に発熱(37.5℃)かつ呼吸器症状がある方

からの御相談のみの対応とさせていただきます。(区役所の担当者が受け付け、福祉保健課の担当者から折り返します)

各区の福祉保健センター福祉保健課(夜間)
電話番号
青葉区045-978-2323
旭区045-954-6190
泉区045-800-2323
磯子区045-750-2323
神奈川区045-411-7195

金沢区

045-788-7878
港南区045-847-8485
港北区045-540-2323
栄区045-894-8181
瀬谷区045-367-5620
都筑区045-948-2499
鶴見区045-510-1818
戸塚区045-866-8480
中区045-224-8181
西区045-320-8498
保土ケ谷区045-334-6357
緑区045-930-2323
南区045-341-1111

横浜市内の医療機関の方

夜間に「新型コロナウイルス感染症が疑われる方」を診察した横浜市内の医療機関は次の電話番号に御連絡ください。

横浜市感染症・食中毒緊急通報ダイヤル

電話番号:045-664-7293

※夜間は担当者の携帯電話におつなぎします。転送までにお時間がかかります。

新型コロナウイルス感染症に関する林文子横浜市長コメント(令和2年1月31日)

新型コロナウイルス感染症について、国内で人から人への感染が確認され、1月30日、WHOにおいて「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」が宣言されました。
横浜市としても、最新の情報を速やかに共有し、市民の皆様が不安にならないよう、万全の体制で対応してまいります。
市民の皆様には、こまめな手洗いやマスクの着用などの予防対策をお願いいたします。

厚生労働省の電話相談窓口

電話番号:0120-565653(フリ―ダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)
※2月7日(金曜日)9時より新しい番号(フリーダイヤル)となりました

神奈川県新型コロナウイルス肺炎専用ダイヤルは、以下の関連リンク「新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生について(神奈川県ホームページ)」を御参照ください。

関連リンク

【参考】医療機関の皆様へ

令和2年2月20日

新型コロナウイルス感染症に関する行政検査及び相談・受診の目安について(医療機関の皆様へ)(PDF:1,066KB)

令和2年2月14日

感染症指定医療機関における新型コロナウイルス感染症患者等の入院病床の確保について(医療機関の皆様へ)(PDF:205KB)

令和2年2月13日

新型コロナウイルス感染症患者等の入院病床の確保について(医療機関の皆様へ)(PDF:516KB)

令和2年2月13日

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に基づく届出基準等の一部改正等について(医療機関の皆様へ)(PDF:261KB)

令和2年2月12日

新型コロナウイルス感染症患者等の入院病床の確保について(医療機関の皆様へ)(PDF:358KB)

令和2年2月10日

新型コロナウイルス感染症に対応した医療体制について(医療機関の皆様へ)(PDF:1,004KB)

令和2年2月6日

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(医療機関の皆様へ)(PDF:856KB)

令和2年2月5日

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に基づく届出基準等の一部改正等について(医療機関の皆様へ)(PDF:1,581KB)

令和2年1月29日

新型コロナウイルス感染症の指定感染症等への指定について(PDF:1,420KB)

令和2年1月27日

「中国湖北省武漢市で報告されている原因不明の肺炎に対する対応と院内感染対策について」の改訂版について(PDF:1,018KB)

令和2年1月21日

新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生に係る注意喚起について(PDF:1,267KB)


PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部健康安全課

電話:045-671-2463

電話:045-671-2463

ファクス:045-664-7296

メールアドレス:kf-kenkoanzen@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:977-038-401

先頭に戻る