このページの先頭です

リスクコミュニケーション事業

最終更新日 2022年10月11日

リスクコミュニケーションとは

消費者、食品等事業者及び行政が、施策や食品の安全性確保に関する情報及び意見交換等を行い、関係者間の相互理解を深めようとするものです。

令和4年度 横浜市食の安全を考えるシンポジウム

今年度は 「家庭でできる食中毒予防について」をテーマとし、港南公会堂において無観客でシンポジウムを行う様子を撮影し、動画を横浜市公式YouTubeで配信します。

テーマ: 「家庭でできる食中毒予防」

家庭でできる食中毒予防6つのポイント、自分でできる衛生対策(手洗い)、食肉の低温調理で気を付けるポイント、テイクアウト・デリバリーにおける食中毒予防などの具体例に触れる基調講演と市民への事前アンケートの結果や質問等を通じたパネリストによる双方向の意見交換を行います。

配信期間

令和4年12月23日(金)10:00(予定)~ 令和5年3月31日(金)

開催方法

【2部構成:全体で2時間半程度】
第1部: 基調講演(60分)
    ・関東学院大学栄養学部教授 田﨑 達明 氏
第2部: 意見交換会(70分)
    ・食品等事業者の情報提供
      小松﨑 享 氏(伊藤ハム米久ホールディングス株式会社)
      寺田 明生 氏(わらべや日洋ホールディングス株式会社)
    ・市民への事前アンケートの結果や質問等を通じたパネリストによる双方向の意見交換
     ≪パネリスト≫ 
      田﨑 達明 氏(関東学院大学栄養学部教授)
      小松﨑 享 氏(伊藤ハム米久ホールディングス株式会社)
      寺田 明生 氏(わらべや日洋ホールディングス株式会社)
      今井 里香 氏(食の安全・安心推進横浜会議委員/消費者代表)
      中川 澄太  (横浜市健康福祉局健康安全課担当係長)
     ≪コーディネーター≫
      松﨑 嘉子 氏(食の安全・安心推進横浜会議委員)

過去のシンポジウム情報

令和3年度

令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

  • 食の安全を考えるシンポジウム

「健康食品を選ぶには?」(PDF:69KB)

  • 食品に関するリスクコミュニケーション

「ノロウイルスによる食中毒を予防しましょう」(PDF:72KB)

平成26年度

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部食品衛生課

電話:045-671-2460

電話:045-671-2460

ファクス:045-550-3587

メールアドレス:kf-syokuhineisei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:999-749-591

先頭に戻る