このページの先頭です

毒キノコによる食中毒について

最終更新日 2020年11月11日

例年、夏の終わりから秋にかけて、有毒な野生キノコを食用キノコと誤認して採取し、食べたことによる食中毒が多く発生しています。
一般に食べられる種類か食べられない種類かを見分けるには高い専門知識と経験が必要です。
毒キノコによる食中毒を未然に防止するため、食用のキノコと確実に判断できないキノコは、絶対に採らない、食べない、売らない、人にあげないようにしましょう。

毒キノコによる食中毒予防のポイント

  1. 食用のキノコと確実に判断できないキノコは、採らない!食べない!売らない!人にあげない!
  2. 少しでも不安感があるものは思い切って捨てる!
  3. 言い伝え、ウワサを信じない!

「虫が食べているキノコは大丈夫」、「ナスと一緒に煮れば大丈夫」などは間違いです。


(参考)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部食品衛生課

電話:045-671-2460

電話:045-671-2460

ファクス:045-550-3587

メールアドレス:kf-syokuhineisei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:247-414-429

先頭に戻る