このページの先頭です

掲示が必要な喫煙・禁煙標識

最終更新日 2019年10月1日

望まない受動喫煙を防止するため、2018年7月に改正健康増進法が成立しました。2020年まで4月までに段階的に施行されます。
喫煙をすることができる場所を設ける際は、法に基づき、施設の主な出入口付近と喫煙室の出入口の見やすい場所に標識を掲示する必要があります。
また、禁煙の場合も、神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例に基づき、出入口に標識を掲示する必要があります。
神奈川県ホームページ(外部サイト)

日本語・英語・韓国語・中国語の対訳表を掲載(PDF:919KB)
スペイン語・ポルトガル語・タガログ語・ロシア語・イタリア語・フランス語の対訳表を掲載(PDF:752KB)

喫煙専用室(第二種施設の屋内に基準を満たした喫煙専用室を設置した場合)

施設の一部に喫煙専用室を備えていることを示す標識(施設の出入口に掲示) <標識1>

喫煙室のタイプが喫煙専用室であることを示す標識(喫煙室の出入口に掲示) <標識2>

加熱式たばこ専用喫煙室(第二種施設の屋内に加熱式たばこ専用喫煙室を設置した場合)

施設の一部に加熱式たばこ専用喫煙室を備えていることを示す標識(施設の出入口に掲示) <標識3>

喫煙室のタイプが加熱式たばこ専用喫煙室であることを示す標識(喫煙室の出入口に掲示) <標識4>

施設の一部に喫煙室がある喫煙を主目的とするバー、スナック等

施設の一部に喫煙目的室を備えていることを示す標識(施設の出入口に掲示) <標識5>

喫煙室のタイプが喫煙目的室であることを示す標識(喫煙室の出入口に掲示) <標識6>

施設全体で喫煙ができる喫煙を主目的とするバー、スナック等

施設全体が喫煙目的室となっていることを示す標識(施設の出入口に掲示) <標識7>

施設の一部に喫煙室があるたばこ販売店

施設の一部に喫煙目的室を備えていることを示す標識(施設の出入口に掲示) <標識8>

喫煙室のタイプが喫煙目的室であることを示す標識(喫煙室の出入口に掲示) <標識9>

施設全体で喫煙ができるたばこ販売店

施設全体が喫煙目的室となっていることを示す標識(施設の出入口に掲示) <標識10>

公衆喫煙所

その場所が公衆喫煙所であることを示す標識 <標識11>

店内の一部に喫煙可能室(飲食可)を設置する既存の小規模な飲食店 ※横浜市への届出が必要

施設の一部に喫煙可能室(飲食可)を備えていることを示す標識(施設の出入口に掲示) <標識12>

喫煙室のタイプが喫煙可能室(飲食可)であることを示す標識(喫煙室の出入口に掲示) <標識13>

店内の全てで喫煙可能(喫煙可能店)とする既存の小規模な飲食店 ※横浜市への届出が必要

施設全体が喫煙可能室となっていることを示す標識(施設の出入口に掲示) <標識14>

特定屋外喫煙場所(第一種施設の敷地内に必要な措置をとった特定屋外喫煙場所を設置した場合)

特定屋外喫煙場所であることを示す標識 <標識15>

禁煙

禁煙の標識 <標識16>

禁煙の場合でも、神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例に基づき、出入口に禁煙の標識を掲示する必要があります。

詳しくは神奈川県のホームページ(外部サイト)をご確認ください。

県条例禁煙標識

標識のダウンロード(神奈川県公共的施設における受動喫煙防止対策条例に基づく標識)(PDF:91KB)

禁煙


標識のダウンロード(厚生労働省作成)(PDF:786KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部保健事業課

電話:045-671-2451

電話:045-671-2451

ファクス:045-663-4469

メールアドレス:kf-hokenjigyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:916-335-902

先頭に戻る