このページの先頭です

医療機関での禁煙治療

最終更新日 2019年3月8日

自分の力だけで禁煙することは難しくても、お医者さんと一緒に取り組めば、意外と簡単に禁煙できるかもしれませんよ。

医療機関の検索

下記のバナーをクリックすると、横浜市内の禁煙相談等実施医療機関の検索ができます。
横浜市以外の全国の禁煙相談等実施医療機関の検索は、「すぐ禁煙(外部サイト)」(ファイザー株式会社のホームページへ移動します)で検索ができます

医療機関の検索

検索方法

「全件表示」ボタンを押すと、登録されている医療機関が全て表示されます。
任意の医療機関名に加え、所在地・診療日・予約の要否で絞り込むこともできます。
保険診療(※)を実施している医療機関を検索する場合は、「医療機関名(もしくはその一部)で検索」の項目に、「保険診療」と入力してから検索を行ってください。
※「保険診療」の表示がある医療機関であっても、禁煙パッチの処方など診察の内容によっては、保険診療の適用にならない場合があります。詳しくは医療機関にお問い合わせください。

医療機関検索ページへの掲載を希望される医療機関の方へ

禁煙相談を実施している医療機関で、「禁煙NOTE」ホームページへの医療機関情報の掲載を希望される場合は、申込書にご記入の上、FAXまたはe-mailで、横浜市健康福祉局保健事業課までお送り下さい。

申込書はこちらをご利用ください。
<Excel形式>(エクセル:30KB)
<PDF形式>(PDF:82KB)
FAX : (045)663-4469
e-mail : kf-hokenjigyo@city.yokohama.jp

禁煙治療が可能な医療機関マップ

禁煙治療が可能な医療機関(横浜市医師会所属 保険診療可能医療機関)を掲載したリーフレットを作成しました。各区福祉保健センター、市内禁煙支援薬局等にて配布しています。
※2016年10月時点の情報ですので、事前に受付時間・曜日等は医療機関へご確認ください。

各区の禁煙外来マップ
区名PDFはこちら区名PDFはこちら区名PDFはこちら
鶴見区PDF(PDF:1,475KB)保土ケ谷区PDF(PDF:1,434KB)青葉区PDF(PDF:1,315KB)
神奈川区PDF(PDF:1,611KB)旭区PDF(PDF:1,287KB)都筑区

PDF(PDF:1,579KB)

西区PDF(PDF:1,420KB)磯子区PDF(PDF:1,267KB)戸塚区

PDF(PDF:1,389KB)

中区PDF(PDF:1,578KB)金沢区PDF(PDF:1,446KB)栄区PDF(PDF:1,273KB)
南区PDF(PDF:1,372KB)港北区PDF(PDF:1,383KB)泉区PDF(PDF:1,309KB)
港南区PDF(PDF:1,506KB)緑区PDF(PDF:1,438KB)瀬谷区

PDF(PDF:1,208KB)

医療機関での禁煙治療に保険が適用されます。

問診

医療機関での禁煙治療に保険が適用されることになり、これまでより禁煙にかかる治療費負担が軽くなりました。


ただし、保険が適用されるためには、下記の条件をすべて満たし、禁煙治療対象者となる必要があります。
※平成28年4月から、35歳未満の人は、喫煙本数、喫煙年数に関係なく、保険で禁煙治療を受けることができるようになりました。

禁煙成功

禁煙治療に保険が適用される条件

条件をすべて満たせば、禁煙治療に保険が適用されます。

  1. ニコチン依存症に関わるスクリーニングテスト(※)で依存症と診断された方(10点中5点以上)
  2. ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方
    例)1日20本を15年間吸っている場合
    20×15=300
  3. 直ちに禁煙したいと考えている方
  4. 治療を受けることを文書により同意している方
※ニコチン依存症に関わるスクリーニングテスト
設問内容
1自分が吸うよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
2禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか?
3禁煙をしたり本数を減らそうとしたときにタバコがほしくてたまらなくなることがありましたか?
4禁煙をしたり本数を減らしたときに、次の症状のどれかがありましたか?
(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5問4の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
6重い病気にかかって、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
7タバコのために健康に問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか?
8タバコのために精神的な問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか?
9自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
10タバコが吸えないような仕事や、つきあいを避けることが何度かありましたか?

禁煙治療の料金

医療機関で禁煙治療と聞くと、高いのでは!?と思われるかもしれません。しかし、今は一定の条件を満たせば保険が適用されます。保険が適用されれば、負担額は飲み薬を使用した場合で19,000円(※1)程度(2010年4月時点)です。
※1 負担額(3割負担として)は、あくまで目安です。

禁煙治療の流れ

保険適用による禁煙治療は、12週(3か月)間で、5回の診察を受けます。初診時に、
医師と相談して禁煙を開始日を決めます。初診から2週間後、4週間(1か月)後、
8週間(2か月)後、12週間(3か月)後に受診します。

禁煙治療の流れ

下のグラフは、禁煙治療後9カ月間経った時にどれくらいの割合の人が禁煙を継続していたかを表しています。(厚生労働省中央社会保険医療協議会 2010年6月)
1回目で中断した人は6.5%しか禁煙を継続していなかったのに対し、5回を修了した人は49.1%が禁煙を継続していました。

禁煙治療の回数


PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部保健事業課

電話:045-671-2451

電話:045-671-2451

ファクス:045-663-4469

メールアドレス:kf-hokenjigyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:468-406-463

先頭に戻る