このページの先頭です

在宅医療・看取りに関する調査

最終更新日 2020年6月4日

♢事業概要

今後ますます進む超高齢社会に対応するため、本市では、横浜市医師会と協働して、在宅医療を担うかかりつけ医を増やし、在宅医療と介護の橋渡しを行う在宅医療連携拠点を市内18区に整備しています。在宅医療連携拠点事業を含めた、今後の本市の在宅医療連携推進事業の施策立案の基礎とするため、「人口動態調査死亡小票」のデータを利用し、継続して分析を行っております。

♢令和元年度(平成31年度)の調査について

今回の調査では新たに、平成30年1月~平成30年12月分の人口動態調査の情報を加え、現状分析を行いました。例年、横浜市医師会や、各区医師会、区役所職員等からいただいた要望を取り入れ、調査の項目見直しを行うなど、現場の在宅医療の視点を取り入れた、精度の高い分析となるように努めております。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

医療局疾病対策部がん・疾病対策課在宅医療担当

電話:045-671-2444

電話:045-671-2444

ファクス:045-664-3851

メールアドレス:ir-gantaisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:237-016-563

先頭に戻る