このページの先頭です

「横浜市退院支援強化事業」の募集について

最終更新日 2019年12月6日

1 公募の趣旨・目的

 入院医療の効率化を図り、より多くの患者を受入れることができる医療提供体制を構築することを目的として、医療機関において退院支援を行う看護師又は社会福祉士の配置経費の一部を補助する事業について、モデル事業として以下の通り公募します。

2 補助対象となる事業者

 横浜市内に開設している200床未満の病院のうち、申請時点において、基本診療料の施設基準に規定する「入退院支援加算」の施設基準を満たしていない病院。

3 補助金額

(1)補助の対象となる経費
 退院支援を行うために新たに配置した看護師又は社会福祉士の人件費
(2)補助金額
 300千円または実支出額の内、少ない方の額×補助対象月数(入退院支援加算を算定した月数)×2分の1
 (1,000円未満の端数が生じた場合には、これを切り捨てた額)

参考 要綱別表1より
基準額対象経費補助率

 下記①、②の内、少ない方の額
 
①実支出額
②300千円×入退院支援加算を算定した月数

 退院支援を行うために新たに配置した看護師又は社会福祉士の人件費
 常勤職員給与費、非常勤職員給与費、法定福利費、賞与及び手当を含む。
 1/2
(千円未満切り捨て)

4 対象病院数(予定)

 3病院

5 申請方法

 以下の書類を下記へご提出ください。(原則、ご持参ください。)

(1)提出書類
 ①横浜市退院支援強化事業補助金交付申請書(第1号様式)
 ②横浜市退院支援強化事業計画書(第2号様式)
 ③横浜市退院支援強化事業予算書(第3号様式)
 ④補助対象(予定)者の履歴書
 
(2)提出先
 横浜市医療局医療政策課 柏村、本村 宛て
 〒231-0017 横浜市中区尾上町1-8 関内新井ビル4階

(3)提出期限 ※公募期間を延長しました。
 令和元年12月20日(金曜日)正午まで(郵送提出の場合は当日必着)
 ※郵送事故等については一切の責任を負いかねます。
 

7 注意事項

この補助金と対象経費が重複する他の法律又は予算制度に基づく補助を受けることができる病院は、この補助金を受けることができません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

医療局医療政策部医療政策課

電話:045-671-2466

電話:045-671-2466

ファクス:045-664-3851

メールアドレス:ir-seisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:215-698-320

先頭に戻る