このページの先頭です

「地域医療構想普及啓発セミナー」を開催しました!(2019年3月6日)

最終更新日 2019年4月3日

 平成31年3月6日(水曜日)、横浜市社会福祉センターにて地域医療構想普及啓発セミナーを開催し、約200名の医療・福祉関係者の皆様にご出席いただきました。
 横浜市医療局より地域医療構想調整会議での協議内容等について報告をした上で、基調講演として、日本慢性期医療協会の武久 洋三会長を講師にお招きし、「横浜市における慢性期医療の方向性と連携強化」を演題に、高齢者への医療提供の在り方や、慢性期医療の本質、医療連携の重要性などについて、国の動向も踏まえた非常に有意義なご講演をいただきました。

 
【セミナー内容】

 <テーマ>
 「今、医療連携の将来を考える~慢性期と急性期・回復期の更なる関係づくり~」
 
 ・行政からの報告事項
  「地域医療構想の実現に向けた進捗について」

   横浜市医療局医療政策課

 ・基調講演

  「横浜市における慢性期医療の方向性と連携強化」

   日本慢性期医療協会 会長 武久 洋三 氏

 

【当日の様子】


(武久 洋三氏)


武久先生、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

このページへのお問合せ

医療局医療政策部医療政策課

電話:045-671-2466

電話:045-671-2466

ファクス:045-664-3851

メールアドレス:ir-seisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:133-134-366

先頭に戻る